中国のインターネットカフェ【中国】

中国のインターネットカフェ【中国】

  • エンタメウィーク
  • 更新日:2016/12/01
No image

今やインターネット大国といわれている中国ですが、インターネットカフェもたくさんあります。
中国語では网吧(ワンバー)という表記ですが、若者のたまり場として人気があります。

インターネットカフェの店舗や都市などにもよりますが、安いところでは一時間1元(15円)くらいで利用することができます。

日本のインターネットカフェは個室であったり、ソファが付いているものもありますが、中国でのオーソドックスなインターネットカフェは個室がなく、隣と人とかなり近い位置でパソコンを操作することになります。

衛生面などはあまり考慮されていない場合も多く、場所によってはタバコの臭いが酷い場合もありますが、パソコンそのものの速度は基本的に早く、モニターなども大きいのでネットゲームをする若者には人気があります。

ちなみに利用の際には中国人の身分証が必要になるので、外国人では利用できない場合もあり注意が必要です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1万4千円の婚約指輪を店員に笑われ......花嫁の返答が話題に
人をダメにする着る毛布「ダメ着」のニューバージョンが完全にダメなやつ / 頭から足まですっぽり包まれて着たままトイレもできる!
医師に聞く! トイレが「近い人」と「遠い人」のちがいって何?
その手があったか!「コンドームエッチ」で気持ち良くなる方法3つ
貴方の職場にも必ずいる!『二流すぎるアホ上司』の3大特徴はこれだ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加