浴衣をカッコよく着こなして、この夏は「浴衣美人」に!

浴衣をカッコよく着こなして、この夏は「浴衣美人」に!

  • アサジョ
  • 更新日:2017/08/16
No image

夏祭りや花火大会真っ盛りですね。電車の中や花火会場などで浴衣を着ている人を見て、自分も着たくなったという人も多いのでは。でも、普段着慣れない浴衣ですから、わからないことも多いかと思います。そこで、「しまった!」とならないためにも、浴衣の着こなしの基本やマナーを紹介しちゃいます!

浴衣を着るときに、まず迷うのが、襟をどちらを上に合わせるか。これは、「右前」といって、右側を先に(前に)合わせ、次に左を合わせます。つまり、左側が上にきます。女性は洋服とは逆になるので間違いやすく、注意が必要ですね。

アンダーウエアは、ノンワイヤーやブラトップなど、胸を強調させすぎないものを。なぜなら、寸胴体型のほうが、浴衣が似合うからです。インナーには和装用の肌着もありますが、最近では上にキャミソール、下にペチコートをはくのも人気のようですよ。

浴衣では着崩れが心配ですよね。そのため、歩くときは、いつもより歩幅を小さくしましょう。イスに座るときは、浴衣の後ろの裾をあげてから座ると、裾が床についてすれてしまうのを防げます。トイレに行ったときは、浴衣やインナーをいっぺんにたくし上げるのではなく、1枚ずつめくり、帯の上に挟むとよいでしょう。

また、屋台で買ったものを歩きながら食べるのは夏祭りの楽しみですが、浴衣を着ているときは座って食べたほうが、うっかり浴衣を汚してしまうリスクも減ります。このとき、ハンカチを膝の上に置くのを忘れずに!

この夏は、浴衣の着こなしや身のこなし方をマスターして、「浴衣美人」を目指しましょう!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
キラキラネーム、みんなの思い「親のせいで一生苦しむ」「親の愛情が反映されている」
間取り図を一見しただけで「おかしい」とわかる物件揃いの「Y澤不動産」
「ステージ4の肺がん」宣告受ける数時間前の写真をFacebookに投稿した英女性
お酒を飲むのをやめると体に生じる7つの利点
世帯年収430万円で"80万円改善"した方法

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加