小池徹平×三浦春馬、武道館で再タッグ実現 “歌って踊る”2人に歓声

小池徹平×三浦春馬、武道館で再タッグ実現 “歌って踊る”2人に歓声

  • モデルプレス
  • 更新日:2016/12/02

小池徹平三浦春馬・Act Against AIDS/モデルプレス=12月1日】1日、東京・日本武道館で開催されたエイズ啓発イベント「Act Against AIDS 2016『THE VARIETY 24』」(通称:AAA)に俳優の小池徹平と三浦春馬が出演した。今年7月に上演されたブロードウェイミュージカルの日本版「KinkyBoots(キンキーブーツ)」でタッグを組んだ2人が再共演を果たした。

No image

(写真 : (左から)三浦春馬、小池徹平(画像提供:アミューズ))

【イベントフォトギャラリー】三浦春馬がキラキラ笑顔で踊る!このほかのコラボレーションを見る

◆小池徹平×三浦春馬、武道館で再タッグ実現

「KinkyBoots(キンキーブーツ)」でドラァグクイーンを熱演するなど歌声やダンスには定評がある三浦。これまで同イベントでは「EXILE」などの楽曲を歌唱してきたが、今回はアーティストとしても活躍する小池と「Everybody Say Yeah」を披露。

伸びのある歌声とキレキレのダンスで魅せると、曲中盤には同イベントの発案者である岸谷五朗をはじめ、寺脇康文、中川晃教、平間壮一、松下洸平、柚希礼音、植原卓也、水田航生も加わり、息のあったパフォーマンスでミュージカルさながらのステージを展開。観客は大きな歓声と拍手を送った。

このほか、三浦は岸谷、寺脇、中川と「Sherry」「Bye,Bye,Baby」をコラボレーション。中川の美しい高音、岸谷・寺脇・三浦のハーモニーが会場中に響き渡ると、観客はその歌声に酔いしれていた。

◆「AAA」今年で24回目

同イベントは、12月1日・世界エイズデーに俳優の岸谷の呼びかけで1993年からスタート。エイズについての関心を抱いてもらうことを目的に、人気俳優やミュージシャンらが日本武道館に集結した。

24回目の開催を迎えた今年は、23組56名(バンドメンバー含む)のアーティストが出演。今年もここでしか見ることのできないコラボレーションを披露し、集まった約9000人の観客を沸かせた。(modelpress編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
問題動画流出のJKTメンバー、卒業→急転解雇
奇跡の“二次元ボディ”天木じゅん、たわわな美バスト際立つビキニで魅了
成宮寛貴「深夜にお菓子男子したった」疑惑→知育菓子14種集めて調査してみた
バカリズムが「お前、殺すぞ!」と激高した相手がとんでもなかった!?
石田ゆり子が“まだ独身”のワケは...「結婚しない美女優たち」のウラ事情
  • このエントリーをはてなブックマークに追加