岡野雅行氏「歴史図鑑出た」ジョホールバル振り返る

岡野雅行氏「歴史図鑑出た」ジョホールバル振り返る

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/14
No image

日本対イラン 決勝ゴールを決め喜ぶ岡野雅行(97年11月16日)

サッカー日本代表が悲願のW杯初出場を決めた「ジョホールバルの歓喜」から、16日で20年が経過する。98年フランスW杯アジア最終予選、アジア第3代表を懸けたイランとのプレーオフ。岡野雅行のゴールデンゴールに日本列島が歓喜に揺れた。今も語り継がれる激闘を振り返る。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

決勝Vゴールを延長後半13分に決め、日本代表を初のW杯出場へと導いた野人・岡野雅行氏(45)は、J3ガイナーレ鳥取のGMを務めている。当時の様子を、岡野氏は情景描写豊かに振り返った。

岡野氏 ジョホールバルのイラン戦で延長に入る前の光景は今でも覚えてますよ。アップしていたら、遠くから岡田さんが「岡野ー!」って呼んでるのが聞こえて、(当時コーチの)小野さんが「岡野行くぞ」と言いに来たんです。もう、「えー」って感じで後ずさりしましたね。僕には会場の雰囲気がどこか、ドーハの悲劇の時の雰囲気に感じられて、嫌な予感がしてたんです。ドーハでダメで、ジョホールバルでもダメだったら…、って。02年には日本でW杯がやることは決まっていたし。あの時の予選が進むにつれて選手のみんなも痩せていくし…

当時、日本は02年のW杯日韓大会が決まっており、日本代表への期待は急激に高まっていた。前回アメリカ大会のアジア最終予選でのドーハの悲劇があったこともあり、今度こそは、の空気が日本中に満ちあふれていた。さらに、日本協会はことあるごとに選手にプレッシャーをかけていた。「もし、日本が今回もW杯出場を逃せば、はじめてW杯出場がないまま開催国になる不名誉となる。我々は何としてでも勝たなければならない」。当時の大仁技術委員長の言葉は、選手にとって大きな重しとなった。

岡野氏 予選中はコンスタントに招集されていたけど、出場機会がなかった。宿舎で岡田監督に会った時に「なんで出してもらえないんですか」と聞いたこともありました。岡田さんからは「お前は秘密兵器だから他の国にばれたくない」って言われて。秘密兵器とはここで使うかって思いました。FWも2枚代えていたし、ないだろって。以前も言いましたけど、出場している時は地獄です。負けたら帰れない。当時は結婚してなかったので、いろいろな選択肢があるなって思ってました。もしあそこで決められずに負けていたら、自分は今、何をやっているのか。今、こうしてサッカーをやっていられるのも、あの時があるからですけどね。

岡野氏が試合終了直前にスライディングしながらVゴールを決め、日本代表は歓喜に包まれ、固唾(かたず)をのんで見守っていた日本中が沸きに沸いた。岡野氏は一夜にして野人・岡野として日本中の誰しもが知るヒーローとして大々的に扱われた。

岡野氏 結果的にも僕がVゴールを決めたけど、僕ばかりが讃えられるのは嫌でしたよ。どこに行っても”Vゴールの岡野”って言われる。あの試合で初めてサッカーを見た人や知った人もいたと思うんです。僕は当時、浦和レッズだったので浦和レッズの岡野なんです。僕はあの試合に出ただけ。僕ばかりが讃えられるのは、ずっと出ていた選手に申し訳ないって思ってました。やっと受け入れられるようになったのは15年くらい経ってからですかね。最近では講演会のお話もいただくので、その時も当時のことは話せます。年に30回くらいはやってます。試合のVTRは今でもまともに見られません。ふるえちゃって。試合の夢を見ることはないですけどね。たまに「絶対に負けられない戦いがある」って告知の時に、ちらっと当時のVTRが出るじゃないですか。見るのはそれくらいです。

そんな岡野氏も、最近は当時の自分たちが成し遂げたことを客観的に感じられるようになったという。

岡野氏 娘が小3の時に「歴史図鑑が欲しい」って言うので買ったんですよ。もう聖徳太子から始まって、つい最近の日本の事件とかも載ってるやつです。家で読んでた娘が「パパが出てる」って言うんです。「いやいや、それはネアンデルタール人とか人類の進化の過程のイラストと間違ってるでしょ」って思ったら、僕がVゴールを決めた写真が出てて”日本がサッカーW杯”に初出場ってある。それだけのことをやったんだなって、改めて思いましたね。

日本代表はジョホールバルの死闘を制してから、世界のサッカーをまざまざと肌で知り、ここから進歩へつなげようとする流れが生まれた。

岡野氏 W杯の本戦は僅差の試合でしたけど、決定的な差があったと思う。W杯の後にヒデ(中田英寿氏)と飯食いに行って「世界との差はフィジカルだよね」って話になった。技術的には差はない。だからヒデはペルージャに行って、僕はアヤックスに行った。海外の選手のハングリー精神とかは、やってみないと分からない。親善試合ではなく、本気の強豪国と試合ができたことは本当に良かったと今でも思いますね。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
手越祐也に称賛、本田圭佑へ「真剣インタビュー」
サッカー香川真司“代表落ち”の理由は「ハリルとの大ゲンカ」!? ウワサの真相に迫る
ジョセフJ・松島、“第3の故郷”でトンガ倒す!18日深夜フランス遠征初戦
「あの時、新たな感覚をつかんだ」 中村俊輔が今明かす、忘れがたい“一本のパス”
トンガ相手に2019年につながる内容を見せられるか 日本 vs. トンガの見どころ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加