ロールスロイス初のSUV、発表は2018年1月...正式名称はどうなる?

ロールスロイス初のSUV、発表は2018年1月...正式名称はどうなる?

  • レスポンス
  • 更新日:2017/12/05
No image

ロールスロイスの新型SUV スクープ写真

もっと画像を見る
ロールスロイス初のクロスオーバーSUVが、2018年1月にも正式発表される。発表を間近に控えた生産型プロトタイプが、フロントマスクをかなり露出させた状態で市街地テストを開始した。

ロールスロイスが「ハイボディカー」や「ハイライディング・ビークル」と呼ぶ通称「カリナン」は、あくまでもプロジェクト名であり、正式名称は異なるものになるとアナウンスされている。ロールスロイスの通例では幽霊にちなんだ車名が選ばれているが、この新型SUVではどうなるか。

新型SUVは『ファントム』新型とプラットフォームを共有し、4WDを採用。ファントムに似たレーザーヘッドライトや、力強いエアインテークを特徴とし、新開発のサスペンション・システムも装備するという。新たにアップデートされた情報によると、パワートレインは8速ATと組み合わされる6.75リットルV型12気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力は563ps、最大トルクは900Nmを発揮するという。

また、このクラスのSUVには珍しく、ロールスロイスの代名詞のひとつであるコーチドアや「スプリット・テールゲート」(観音開き)の採用も期待されている。

ロールスロイスの最高経営責任者、トルステン・ミュラー・エドヴェシュ氏が、「ベントレーのSUVは2番であり、ロールス・ロイスが世界最高」と語るこの新型SUVの全豹が見えるまで、あと1か月だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1年間で「働きやすさ」が向上した企業 1位は......?
トヨタ、2025年までに全車種を電気化へ
「エージェントは企業と求職者の可能性を切り開く架け橋になれる」 アールストーン・小須賀陶子さんが大賞とオーディエンス賞の2冠
「白木屋」「笑笑」系、経営危機に...大量閉店に違法客引き、他社のモノマネ店量産の限界
独創的すぎるデザイン。『ODYSSEY』はハイテク機能にも注目の未来派バイク!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加