東海大北海道キャンパス硬式野球部が未成年飲酒で全日本選手権を出場辞退

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/06/12

東海大学が11日、同大学の札幌キャンパス硬式野球部が第67回全日本大学野球選手権大会の出場を辞退すると発表した。2年生部員の4人が未成年でありながら飲酒した事実が判明したからとしている。大会本部もこの出場辞退を受理した。大会の公式ウェブサイトによると、「東海大北海道」の名前で13日午前9時からの2回戦に出場予定だったが、大会本部は東京ドーム2日目第1試合(広島大-東北福祉大)の勝者の不戦勝とすると発表した。

東海大学が配信したファクスによると、まず今年3月の春季キャンプ中に、複数名の部員による未成年飲酒が判明したため、3月21日から4月29日までの対外禁止処分を日本学生野球協会から受けていた(処分を受けたのは4月10日、日付けをさかのぼっての処分)。

それに加えて、当時謹慎中だった2年生部員4人が4月上旬に飲酒をしていた事実を「大学本部の知るところとなりました」とこの日に発表。「度重なる未成年による飲酒行為を重く受け止め、全日本大学野球連盟に第67回全日本大学野球選手権大会の出場辞退を申し出ることといたしました」とした。

学内の調査で指導者への聞き取り調査により飲酒の事実は確認済みだといい、「全日本大学野球連盟に事実関係を正式に報告いたしますとともに、同連盟からの処分を全面的に受け入れる所存です」としている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
韓国GKチョ・ヒョヌが神がかりセーブ 右膝付近で至近距離シュート防ぐ
組織的だったセネガル=小さな番狂わせ-サッカーW杯
西野監督“奇跡”学生時代から 別選手の得点が「西野決勝ゴール」
先輩・西野監督の姿に岡ちゃん感涙!?解説で声を詰まらせる「ジーンときますね」
Jユース出身者の数で見る、いまの日本代表の「ほんとの強さ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加