韓国ネットで大不評を買った“日本の丼料理”とは?=「食べたいと思うビジュアルじゃない」「一口で十分」

韓国ネットで大不評を買った“日本の丼料理”とは?=「食べたいと思うビジュアルじゃない」「一口で十分」

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2018/07/15
No image

韓国ネットで大不評を買った“日本の丼料理”とは?=「食べたいと思うビジュアルじゃない」「一口で十分」

10日、韓国のインターネット掲示板に「好き嫌いが分かれる日本の丼料理」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーの注目を引き付けている。資料写真。

2018年7月10日、韓国のインターネット掲示板に「好き嫌いが分かれる日本の丼料理」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーの注目を引き付けている。

スレッド主が画像付きで紹介するのは「ネバネバ丼」。ご飯の上にとろろ、納豆、生卵、モロヘイヤが乗っている色鮮やかな一品だ。

しかし、これを見た他のネットユーザーからは「食べたいと思うビジュアルじゃない」「生卵以外はみんな嫌い」「一口で十分な感じ」などのコメントが寄せられ、かなり不評なよう。「肉も入ってないのにこれを好んで食べる人がいるの?」との疑問も上がった。

多くのコメントが寄せられる中、「日本の納豆はおいしいよ」という肯定的な声はわずかだった。(翻訳・編集/松村)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドイツのビールサーバーは「さすがドイツ!」という感じ
なぜ七味「八幡屋礒五郎」は全国にその名が知られるようになったか?
アメリカの子供達に納豆を食べさせたらこうなった! ほぼ全員が吐き出し「ゴミ山を食べたらこんな味かも...」と散々な評価に
アリババのジャック・マー会長が唱える「新小売り戦略」の正体
【100均検証】どう見ても「じゃがりこ」用のフタ&トングがダイソーに売ってたので使ってみたところ...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加