清水、37歳GK西部が契約延長へ「40歳までは一線で」

清水、37歳GK西部が契約延長へ「40歳までは一線で」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/07

J1清水のGK西部洋平(37)が6日、1回目の契約更改交渉に臨んだ。延長オファーを受けたといい「年齢的にもプレーで勝負しないといけない」と来季へ意欲を見せた。

No image

1回目の契約更改を終え、取材に応じるGK西部

昨季から度重なるケガで今季の公式戦出場はなかったが、最年長選手として精神的にチームを支えた。「貢献できなかった中で評価してもらいました。延長がなければ引退しようと思っていたけど、やれるチャンスをもらった。来年が勝負。40歳までは一線でやりたい」と決意を示した。J1通算298試合出場。「あと2試合で300試合なので達成したい。まずはケガせず経験をピッチで伝えること」と意気込んだ。

クラブは広島から期限付き移籍中のMF清水航平(28)とも完全移籍での獲得を視野に面談。清水は「来年このチームをもっと良い方向に変えるためにも自分も成長していけたら」と前向きに話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
仙台、来季14年目を迎える富田晋伍の契約を更新...金久保順と併せて発表
鹿島アントラーズは「嫌なチーム」北澤豪が衝撃を受けたワケとは?
Bチームのためにも「プレミアに上がるのが使命」。前橋育英が5発快勝で悲願達成まであと1勝
【レポート】「OSAKA光のルネサンス」セレッソ大阪トークショーに柿谷曜一朗選手と丸橋祐介選手
藤井四段 A級棋士に勝った!公式戦3度目の挑戦で初
  • このエントリーをはてなブックマークに追加