北朝鮮グアム付近へのミサイル計画を表明 CCTVが日本政府の対応に高い関心を示す

北朝鮮グアム付近へのミサイル計画を表明 CCTVが日本政府の対応に高い関心を示す

  • Global News Asia
  • 更新日:2017/08/11
No image

日本政府の対応を伝える11日午前8時のニュース(『CCTV』より)

No image

米朝関係悪化について伝える10日午後8時のニュース(『CCTV』より)

2017年8月11日、北朝鮮はアメリカへの軍事挑発として米軍基地があるグアム島付近へ4発のミサイル「火星12型」発射を検討していることを表明し、その経路として島根、広島、高知上空を通過する計画であることを通告した。それを受けて日本政府は、対策として、海上からのイージス艦による迎撃と地上からは「地対空誘導弾パトリオット(PAC3)」での迎撃の2段構えであるが、中国・四国地方に PAC3が配備されていないため島根、広島、愛媛、高知の4カ所へのPAC3配備を決定した。

中国の国営『CCTV』は11日朝のニュースでこの件を小野寺防衛大臣や菅官房長官の映像を用いて報じるなど関心の高さを示した。11日のニュースでは特に日本やアメリカへの非難はなく、日本が北朝鮮のミサイル対策でアメリカと連携して防衛力を強化していると伝えた。

広島からグアムまでは、直線距離にして約2620キロメートル。広島から北京まで約1575キロメートルの位置関係となる。

迎撃ミサイルは短距離しか飛行できず中国大陸までは届かないためか、今のところ中国は、韓国へ配備が進む「THAAD」のような過剰反応は示していない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
強制撤去するべき?「無断設置」された慰安婦像がソウル市の悩みの種に=韓国ネット「ルールは守るべき」「これで日本に法的賠償を?」
平昌五輪に新たな問題が・・・日本のネット民「こっちを当てにするな」=中国メディア
韓国産の生理用ナプキンで健康被害の訴え相次ぐ、集団訴訟・不買運動に拡大か=韓国ネット「他製品も調査して!」「この国では何を信じたらいいの?」
「なぜ日本は過ちを認められない!?」=慰安婦ドキュメンタリーを見た外国の若者が憤慨―中国メディア
日本人が設計した深セン市の図書館が利用者を苦しめていると中国ネットで話題に

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加