旅人マリーシャの世界一周紀行:第127回「インスタで話題!ウユニ塩湖を超える絶景・ピンクレイクにキュン~」

旅人マリーシャの世界一周紀行:第127回「インスタで話題!ウユニ塩湖を超える絶景・ピンクレイクにキュン~」

  • 週プレNEWS
  • 更新日:2016/12/01
No image

メキシコの秘境! 幻想的な「ピンクレイク」の鏡張りにウットリ

天然物であれ人工物であれ、そこでしか見れない景色を目に焼き付けることは旅の醍醐味。

今回お見せしたいのは久々の絶景シリーズ! メキシコ・カンクンからです!

カンクンでは昨年たくさんの絶景を見たけれど、再訪した理由は…「そこにピンクレイクがあるから」。フォトジェニックな絶景として近年、インスタグラマーに話題の人気スポットです。

カンクンから車で約3時間、ユカタン州にある塩湖(塩田)のことで、ピンク色に見えることから通称「ピンクレイク」と呼ばれています。ピンクの理由は、高濃度の塩水で生息するバクテリアが直射日光を避けるために、ニンジンと同じ赤カロチン色素を出すことが原因なんだって。

バクテリアも紫外線カットしてるってゆーのに、私の肌ったら焼けてく一方…。思い出したかのようにバッグの底にあった日焼け止めを塗りたくり、さあ、出発だ!

しかし公共の交通機関で行くのは難しく、旅行者はツアーが一般的だそうだけど、塩湖での浮遊体験や泥パックなどいろいろ付いて200ドル以上かかる。

旅友とお財布との相談の結果、「とりあえず朝タコス食べてから、ピンクレイクだけ行こう!」と、日本人宿で集まった縦横無尽に動きたいワガママな旅人たちは、レンタカーで自力で向かうことにしました。

ただひとつだけ心配なのが、塩湖は2ヵ所あって、ひとつはピンク、もうひとつはピンクとは言えない茶色がかったものらしい。

ちゃんと、辿(たど)り着けるのだろうか…。

高速に乗ったはずが途中で道を外し、ノロノロと下道でリオラガルトスという町に着いた。観光客はおろか、人っこひとりいない、のんびりとした小さい町だ。

ひとまず車を停めて無人の港で伸びをしていると、ひとりのおじちゃんがゆっくりと歩み寄ってきた。

「塩湖はあっちだよ~。ボートに乗るか~い?」

ボートツアーの勧誘に私たちが悩んでいると、おじちゃんはドラクエの村人のように、もう一度同じセリフを呟(つぶや)いた。

旅人たちはもう少し情報を集めたかったため、ここでは一旦「いいえ」を選びその場を去ることに…。毎度思うが、メキシコ人は滅多に力強い営業をかけてこない。一度断ればスッとどこかへいなくなってしまうのだ。少し寂しいくらいに。

おじちゃんの背中を後にして町中に入ると、女子高生たちがキャアキャアと珍しそうに平たい顔族の私たちを見て笑っていた。

「ピンクレイクの場所知ってる?」

スマホの画面を見せると、少し相談した後、おじちゃんとは逆の方向を指さしたじゃないですか…。私たちがどちらを信じるか相談していると、

「ペルドン(すみません)、ジャパン~? ナルト~?」

こんなユカタン州の奥地でも、女子高生たちは日本のことも『NARUTO』のことも知っている。旅人に人気のスポットにも敏感かも。

おじちゃんごめん、女子高生の勝利だ。そして私たちは女子高生に教えられたラスコロラダスの塩田へ向かった。

すると、道中現れたのは…なんだこれは! まるで白いエアーズロックじゃないか!

近づいてみると、まるで氷河のように削られた巨大な白い塊がドドーンとそびえている。

製塩所なのだろうか。そこにはフェンスがあって「ここは入っちゃダメ。あっちからよく見えるよ」と教えてもらった。

小さな丘に登ると、塩の山の麓は塩湖になっていて、まるで逆さ富士のように見事に塩のエアーズロックが映り込んでいた。

ピンクレイクだけを目的に来たけど、まさかこんなサプライズが待っていたとは。

そして、そこから車ですぐの所に、ついにお目当てのピンクレイクが現れた!

「きゃーん♪ 本当にピンクだー!」

インスタで見た加工しまくりの画像に比べるとビビット感は少ないものの、その景色は間違いなく絶景。淡いピンクに輝く湖は幻想的で、まるでこの世のものとは思えない天国感を漂わせている。

やはり写真と肉眼では感動が違う。私はしばらくウットリとそのピンクの水面に見惚れていた。

塩湖といえば、世界一周の旅で人気首位を争うウユニ塩湖(ボリビア)があるけれど、私の中ではウユニ超え! それは寒くないし辛くないからって理由もかなりあるけど(笑)、珍しさとカワイさでまずメキシコではナンバーワンかも!

キュンキュンきまくりのピンクの絶景に、私の中の女子力も少し復活したような気がします。

メキシコの女子高生よ、そしてバクテリアよ、ありがとう。

【This week’s BLUE】

ピンクの魔法にかけられ気味ですが、ブルーハンターは今日も青を探してます。カンクンビーチにて。

●旅人マリーシャ

平川真梨子。9月8日生まれ。東京出身。レースクイーンやダンサーなどの経験を経て、SサイズモデルとしてTVやwebなどで活動中。バックパックを背負う小さな世界旅行者。オフィシャルブログもチェック! http://ameblo.jp/marysha/ Twitter【marysha98】 instagram【marysha9898】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大人気で完売していた《ニットクラッチバッグ》を再入荷でGET♪
ムリ言わないでよっ!カレシに求められた「不可能なエッチ」3つ
オモシロすぎる!実在の高校名ランキング 3位「飯田OIDE長姫高等学校」
【泥酔注意】酔い潰れた男性が目覚めたら「死体安置所」に入れられていたでござる
こんなにお手軽...カラビナの便利な使い道12例
  • このエントリーをはてなブックマークに追加