炎鵬 合宿開始日に白鵬に2勝1敗と大健闘 次の名古屋場所で勝ち越せば再十両も

炎鵬 合宿開始日に白鵬に2勝1敗と大健闘 次の名古屋場所で勝ち越せば再十両も

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/06/14

横綱・白鵬らが所属する大相撲の宮城野部屋が13日、この時期恒例の合宿を滋賀県長浜市の滋賀近交運輸倉庫でスタートさせた。

No image

白鵬の小手投げを耐える炎鵬(手前)

十両復帰を目指す小兵のホープ、炎鵬(23)も初日から22番の相撲をとった。白鵬には2勝1敗と大健闘した。

立ち合いで様子を見てきた白鵬の隙をついて懐に入り込んで2連勝。そのあとの1番では「横綱のスイッチが入った」と、立ち合いから強烈な突きをくらって懐に入れず土俵外に吹き飛ばされて悶絶も、表情には第一人者を本気にさせた充実感があった。まさかの横綱戦“勝ち越し”には「たまたまです。まだまだ」と謙そんし、おごることなくレベルアップを誓った。

炎鵬は今年春場所で新十両も、負け越して幕下に転落。5月の夏場所では5勝2敗。次の名古屋場所で勝ち越せば再十両の可能性がある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元大砂嵐が男児誕生を報告「この子の為にも強くなります」
「貴乃花一門」消滅へ 貴親方が一門離脱し「阿武松グループ」に名称変更
貴乃花親方一門離脱で無所属「本人決断」阿武松親方
豪風39歳の誓い「魅了する攻撃的な相撲」現役続行の意思強く
現役中に死亡した力士も?横綱の土俵入り不知火型(しらぬいがた)の短命ジンクスはどこから生まれた?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加