最新ランキングをチェックしよう
ハプスブルク家の呪い。17世紀の王家に見られる独特な顎は近親交配の影響が大きいと科学者(スペイン研究)

ハプスブルク家の呪い。17世紀の王家に見られる独特な顎は近親交配の影響が大きいと科学者(スペイン研究)

  • カラパイア
  • 更新日:2019/12/12

Wikimedia Commons 16世紀から18世紀の始めまでヨーロッパ(主にスペイン)を統治していたハプスブルク家の王や王妃には、特徴的な顔の変形がある者が多かった。のちに「ハプスブルクの顎(あご)」と呼ばれるようになる長くしゃくれた顎だ。
 最新の研究によって、この特徴は長きに渡る近親交配の影響が大きいらしいということがわかった。
【他の記事を見る】人類の終焉はデザイナーズベイビーによって

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロシアの気象衛星エレクトロ-L 3号機の打ち上げに成功
鳥のように飛べる飛行機、「ピジョンボット」で実現に一歩前進
南海トラフ:海底下で「スロースリップ」初観測!東大・海保
移植肝臓の体外保存期間が24時間→1週間へ【閲覧注意な画像あり】
NASAのMars 2020探査車が初めての試運転で大成功!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加