イオン、PB「トップバリュ」100品目を値下げ

イオン、PB「トップバリュ」100品目を値下げ

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2018/01/12
No image

イオングループは1月17日から、「イオン」「ダイエー」など全国の約2800店舗で、プライベートブランド(PB)「トップバリュ」の食品、酒類、日用品など計100品目を値下げする。「お客さまの生活環境の変化に対応するため」という。

イオングループが「トップバリュ」を値下げする

具体的には、「生薬配合タウリン入りドリンク」(298円→158円)、「食器用洗剤 除菌タイプ 本体」(98円→88円)、「レギュラーコーヒー(オリジナル・モカ・キリマンジャロ)」(398円→378円)――など(価格は全て税込)。

No image

主な対象商品一覧

値下げは約5カ月ぶり4回目。物流の効率化や仕入れ先の最適化によってコスト削減を実現したため、さらなる値下げに踏み切ったとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
旭硝子、日本・米国・欧州におけるバイオサイエンス事業の一体運営を開始
ビットコイン急落。一時は1万ドル以下に
トヨタ アバロン、新型のハイブリッドは歴代最高燃費...デトロイトモーターショー2018
ミッドウェー・ガダルカナルに学ぶ戦略・構想の重要性――元自衛隊統合幕僚長が教える本質
研究結果:Bitcoinを150ドルから1000ドルにつり上げたのはひとりの仕業だったらしい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加