「24時間駅伝」アンカー・いとうあさこ、ゴール 内村光良が駆けつける 近藤春菜・よしこ・水卜アナと手を繋いでフィニッシュ<24時間テレビ42>

「24時間駅伝」アンカー・いとうあさこ、ゴール 内村光良が駆けつける 近藤春菜・よしこ・水卜アナと手を繋いでフィニッシュ<24時間テレビ42>

  • モデルプレス
  • 更新日:2019/08/26

【モデルプレス=2019/08/25】24日18時30分から放送スタートした日本テレビ系「24時間テレビ42 愛は地球を救う」にて行われた「24時間駅伝」。アンカーを務めたお笑いタレントのいとうあさこが、無事ゴールした。

No image

(写真 : 「24時間駅伝」(左から)水卜麻美アナ、よしこ、いとうあさこ、近藤春菜(C)モデルプレス)

【写真】「24時間駅伝」水卜麻美アナ「最高に楽しかった」アンカーいとうあさこへ

1区の近藤春菜(ハリセンボン)、2区のよしこ(ガンバレルーヤ)は32.195km、3区の水卜麻美アナウンサーと4区のいとうは42.195kmを走った「24時間駅伝」。

放送には収まらなかったが、ゴール直前には内村光良が駆けつけ、近藤・よしこ・水卜アナが伴走。

放送後、「負けないで」が流れる中、4人で手を繋いでゴールテープを切り、肩を抱き合って涙を流した。いとうは、「時間内にゴールできなくてごめんなさい」と悔しそうに謝罪するも、「4人のタスキを両国国技館まで持ってきました」と達成感もみせた。

ほかのメンバーもそれぞれ、「4人で完走を目指していたのでできて嬉しいです」(近藤)、「(いとうに)かっこよかったです」(よしこ)、「1人1人の力といろんな人の力が集まってきていました。帰って来てくれて嬉しかったです」(水卜)とフィニッシュ後の心境を明かした。

◆嵐も労う「頑張った気持ちが届いた」

4人の駅伝を最初から最後まで見守っていた嵐。「頑張った気持ちが届いたと思う」(松本潤)、「みなさんのパワーは無限大で伝わってきて感動しました」(相葉雅紀)などと労った。

◆「24時間テレビ42 愛は地球を救う」

今年のテーマは「人と人 ~ともに新たな時代へ~」。メインパーソナリティーは嵐、チャリティーパーソナリティーは浅田真央が務めた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
有吉弘行、地上波のテレビ番組に提案「シーズン制にすればいい」
斎藤工が語る主演ドラマ「最上の命医」が8年続く魅力
「なつぞら」千遥は東京・神楽坂にいた!“朝ドラ送り”高瀬耕造アナ 6月予想ほぼ的中「高田馬場とか」
ナイナイ岡村隆史を探す謎の男が来日『YOUは何しに』初の羽田空港ロケ
吉沢亮の大河主演の裏でNHKが所属事務所に突きつけた“交換条件”とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加