惨敗ブラジル戦...ハリルJ、詳細分析で見えた“本当の問題点”

惨敗ブラジル戦...ハリルJ、詳細分析で見えた“本当の問題点”

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/11/12
No image

日本の守備陣を揺さぶるブラジル代表・ネイマール(写真・getty images)

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表はフランス北部リールの地でブラジル相手に前半で3失点を喫し、後半にセットプレーから槙野智章によるゴールで一矢報いたものの、1-3というスコア以上の差を見せ付けられて敗れた。

後半の勇気を持った高い位置での守備と、そこから何度か大きなチャンスに結び付けた攻撃への手応えを強調する指揮官も、公式戦であれば前半に3点差をつけられた時点でほぼゲームオーバーであることは百も承知だろう。

この試合で採用されたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)により早々にPKの判定を受けた日本は前半10分に失点。さらに再びPKを取られた場面では、GK川島永嗣がネイマールのシュートは阻止したものの、直後のCKから井手口陽介のクリアが小さくなり、マルセロに豪快なミドルシュートを叩き込まれて17分に2点目を奪われた。

そこからチームがパニックに陥り、攻守で消極的になったという世間的な見方もあるが、前半のプレーを検証すると、実は日本のプレーはそれほど変化しているわけではないことが分かる。

守備は基本的に4-2-1-3の形を取り、井手口がカゼミロ、山口蛍と長谷部誠がフェルナンジーニョとジュリアーノをチェックする。だが、ブラジルが深い位置を取って組み立ててくる場合には、大迫勇也がCBを深追いせずにアンカーのカゼミロをチェックし、中盤の3枚がその背後でブロック気味に構えるという守り方はチームの約束事だろう。

ボールホルダーに対する1つ1つの距離の取り方が立ち上がりより慎重になった部分はあるが、基本的な守備ライン設定が2失点後に低くなって消極的になったわけではない。何度か中途半端なボールロストからのカウンターや、プレスを外されたところから攻め込まれ、セカンドボールやリスタートを起点にブラジルに攻勢をかけられる時間帯が続いたことで、引いた位置で守っているような印象を与えたに過ぎない。

問題点は他にある。象徴的なシーンはまだ0-0だった立ち上がりの5分にあった。日本が高い位置からプレッシャーをかけ、ブラジルが中盤を省略したボールを蹴ってきたところで、酒井宏樹が楽々とヘッドで前にはね返し、それを久保裕也が拾った。本来はそこから一気に攻め込める機会だが、すぐに切り替えたブラジルの巧みなポジショニングで追い込まれた日本は吉田麻也、さらに山口蛍へのつなぎでズレが生じ、久保が苦し紛れに戻したボールが受け手の長谷部からズレて、ネイマールに渡ってしまった。

このシーンでは、直後に長谷部がネイマールに密着し、そこに久保がプレスバックで挟み込んだことで何とか危険な仕掛けに持ち込まれずに済んだ。だが、こうしたボールを奪った直後のファーストパス、さらに次のパスで精度を欠く場面がその後も何度か見られた。

一方のブラジルは日本のプレスで何度かボールを失うシーンはあったものの、相手の守備を動かしながら左サイドで高めの位置を取るマルセロ、さらに中盤のカゼミロ、フェルナンジーニョと日本の守備をもてあそぶようにつなぎ、そこから前線の3枚に決定的な縦パスを通す機会を狙っていた。

そうした状況でも右サイドバックの酒井宏樹がネイマールとの“デュエル”に負けなかったことで、ブラジルが最も得意とする仕掛けのパターンは未然に防げた。しかし、逆に酒井宏がネイマールに意識を集中する分、そのインサイド裏に生じるスペースをガブリエル・ジェズスが使うなど、攻撃のバリエーションを見せ付けられた。

筆者の見解としては前半のブラジルに対し、例えば深みを取ったブラジルのCBにまで大迫がプレスをかけに行くようなことをしたら、その逆を取られてさらに多くのピンチにつながっていた可能性が高い。それはある意味の“自殺行為”だ。

消極的なプレーが出ていたとすれば、守備の高さに関係なく1つ1つの局面で相手との距離が遠くなったことだ。そして、前半の問題点を指摘するなら、ボールを持った展開でブラジルのプレッシャーに勝てず、攻撃にズレが生じたことだ。

3失点目は、ようやく高い位置でチャンスを作って久保裕也がカットインしたところでシュート寸前に潰され、そこから一度しのいだものの、セカンドボールをブラジルにうまくつながれた形で喫したものだった。久保はそのシーンを反省したが、プレーの選択ついては「あそこで行かないんだったら僕が出る意味がないし、行ってシュートを打って終わった方がよかったと思います」と主張する。前半で最も積極的だったシーンが試合を決定付ける失点につながったことは皮肉だが、そうしたシーンをもっと作れなかったことの方が問題だろう。

早い時間帯の2失点が試合結果に大きく響いたのは間違いないが、ボールをつなぐ正確性、そのためのポジションの取り方など、速攻を狙うチームにあっても、起点を作るためのクオリティーを欠いていると言わざるをえない。

1度ブラジルと対戦したことで、ベルギー戦ではメンタル面でより消極的にならずに攻守両面で戦うことはできるだろう。ただ、ベルギーはブラジルほどボールのつなぎや守備のポジショニングにうまさがない代わりに、運動量やコンタクトプレーではブラジルにない特長がある。

結局、ベルギー戦でもボールを取り切れないシーンや、パスのズレが生じてしまうのか。それとも、劣勢になることなく試合を進めることができるのか。戦術面はもちろんのこと、人選も大きなポイントになるだろう。本大会に向け、本当の課題が明確になっていくはずだ。(文・河治良幸)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“森保チルドレン”発掘だ 代表選考へ全国行脚 欧州ではMF伊藤に熱視線
日本黒星発進、一時逆転も富樫「勝ちきれなかった」
「美人部屋」で話題沸騰! なでしこジャパンFW岩渕が20歳DFとの2ショット公開
世界一のプロゲーマー「ときど」に『笑ってコラえて』が密着 eスポーツに注目高まる
日本代表、E-1選手権の招集メンバーを29日に発表 W杯へ“国内組サバイバル”過熱
  • このエントリーをはてなブックマークに追加