M1の広島が三回に先制 丸が2点適時打 先発の薮田は序盤三回無安打投球

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/18
No image

3回広島1死満塁、右前に先制の2点適時打を放ち、ほえる丸佳浩=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)

「広島-ヤクルト」(16日、マツダスタジアム)

M1の広島が勝つか、引き分けで優勝が決まる一戦は三回、広島が先制した。

打線は初回、2死から丸が一塁内野安打で出塁も後続が倒れ、無得点。二回は三者凡退に終わった。

しかし、三回にヤクルトの先発・小川を捉えた。先頭の会沢が中前打。続く薮田が送りバントで1死二塁として、田中が四球、菊池が二塁内野安打で1死満塁とチャンスを広げた。ここで丸が一、二塁間を破る2点適時打を放ち、先制した。

先発の薮田は初回、先頭の山崎にいきなりストレートの四球を与えたが、許した走者はここまでこの1人。グラウンド整備のために30分、試合開始が遅れた影響は感じさせず、無安打無失点で三回を終えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロッテ井口「ありがたい、光栄」監督就任に前向き
リーグV奪回ホークス、なぜ強い?
ロッテ涌井、緊急降板を謝罪「井口さんの引退試合」
阪神今岡コーチ退団が確実 ロッテ2軍監督要請へ
阪神・横田慎太郎「22歳で脳腫瘍と宣告されて」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加