暁斗、完敗認める銀メダル「フレンツェルに力の差を見せつけられた」/複合

暁斗、完敗認める銀メダル「フレンツェルに力の差を見せつけられた」/複合

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/02/14

平昌五輪第6日(14日、アルペンシア・ジャンプセンター-アルペンシア距離センター)ノルディックスキー複合個人ノーマルヒルで、ソチ五輪銀メダルの渡部暁斗(29)=北野建設=が2大会連続の銀メダル。前半飛躍(ヒルサイズ=HS109メートル)で105・5メートルの123・7点で3位につけると、首位のフランツヨゼフ・レーアル(24)=オーストリア=から28秒差でスタートした後半距離(10キロ)で2位に浮上した。エリック・フレンツェル(29)=ドイツ=が2大会連続で金メダルを獲得した。

渡部暁斗との一問一答は以下の通り。

--2大会連続の銀

「メダルを取れてホッとしているというのが半分と、あとちょっと自分の目指しているところにたどり着けなかった悔しさが半分」

--後半距離は激しい争いとなった

「かなり風が強くて、誰も前に出たがらない中で、僕とフレンツェルが引っ張った。痛み分けじゃないけど、彼が引っ張った分、僕も引っ張ってフェアにレースをしたかった。最後は彼の方がスピードがあった。きょうは完敗。力の差を見せつけられた。4年前とは違う気持ちでゴールした」

--個人ラージヒル、団体も残っている

「4年前はノーマルヒルが終わって、メダルを取れてうれしいと気持ちが切れていたが、今回は金メダルを取りにくると自分で宣言している。気持ちを切らさず、メダルを取れるようにベストを尽くしたい」

No image

表彰式で手を上げる2位の渡部暁斗=平昌(撮影・早坂洋祐)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「時代は終わった」「ほんと性格悪い」人気者の座から転落した、“嫌われ”芸能人3組
「セックス中どんな顔をすれば......」セフレ7人の女の悩みに、プウ美ねえさんが全力回答!
ザギトワ、フィギュアのルールに一石...「得点主義」「フィギュアじゃない」と批判殺到
上西小百合さん、カー娘の容姿「白鵬」とネタにし炎上...居酒屋で箸袋投げつけられた
銀でも土下座の韓国キム・ボルム、笑顔なく...日本の視聴者「かわいそう」「許してやれよ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加