早大・坂梨TDラン!明大下し2連勝 アメフット

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17

<アメリカンフットボール・関東大学1部TOP8リーグ:早大20-10明大>◇第2節◇17日◇東京・調布アミノバイタルフィールド

初のV3を狙う早大が、逆転で開幕2連勝となった。前半は攻撃が不発で明大に0-7とリードされた。後半にQB坂梨のロングゲインからドライブし、RB元山のTDランで同点。次の攻撃ではパスで攻め込み、第4Qに入って坂梨のTDランで勝ち越した。さらに坂梨が52ヤードを独走TDを挙げて突き放し、FGも加えて23-7で勝利した。

台風の影響で雨中戦で風も強く、ランでの真っ向勝負になった。風下の早大は序盤にパントが飛ばずに陣地を挽回できず。開幕戦でタイブレークの末に慶大を下した明大伝統のランで先制された。前半終了間際にはファンブルを押さえて攻め込んだが、パス成功もゴール寸前でファンブルロスト。絶好の得点機を逃した。

窮地を救ったのが坂梨主将だった。春に関西の雄立命大を相手に、前半3-21から勝利した。ハーフタイムに「俺たちは立命大を逆転したんだ。7点なんかすぐに逆転して勝てる」とチームを鼓舞した。後半第1プレーから自らのランで明大守備を切り裂き、10回のランで最多133ヤードで2TDを挙げた。「後半はチャンスがあれば走ろうと思っていた。個人練習の成果で足は速くなった気がする。でも、こんな試合をやっていては日本一になれない」と、笑顔の後は顔を曇らせた。

昨季は優勝へあと1歩だった慶大は、まさかの連敗スタートとなった。最初の攻撃があっさりパントになると、日体大に1プレー目で96ヤードのTDパスで先制された。その後も歯車はかみ合わず、前半で3-17とリードされた。後半もFGを追加された後に1TDを返すのがやっと。10-20のスコア以上の完敗だった。日体大は今季初勝利となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
香取慎吾「スマステ」最終回で異例の事態「信じられない!」
菅田将暉の父、息子を利用したメディア露出に批判の声多く
アジア一の富豪に中国「恒大集団」会長 不動産事業で資産5兆円
【あなたならどうする?】飛行機で知らない女性が「足が痛い。席を譲って」→ 断った結果...その理由がもっともだと話題に
【こんなオカンになりたい】息子「おもちゃ買わないとパンツの色言うぞ!」→母強し!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加