関学監督、日大前監督の「関学のほうが汚い」に...過去記録公表し「どのプレー?」

関学監督、日大前監督の「関学のほうが汚い」に...過去記録公表し「どのプレー?」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/05/27
No image

日本大選手による悪質な反則問題を巡り、記者会見する関西学院大アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督(右)と小野宏ディレクター=26日午後、兵庫県西宮市

アメリカンフットボールの定期戦(6日)で、日大の守備選手が関学大のクォーターバック(QB)選手に悪質なタックルを仕掛けて負傷させた問題で、26日、日大側からの再回答を受けた関学大が兵庫県西宮市の同大学で会見した。鳥内秀晃監督、小野宏ディレクターと、被害選手の父親が出席した。

週刊文春が、当該試合後の日大の内田正人前監督とされる人物が「何年か前の関学が一番汚いでしょ」と発言している音源を公開した件について、鳥内監督は「どのプレーか分からないんでね、でも、ああいうこと言われたんで、ちょっと調べたんです」と、過去6年間の記録を精査したことを明かした。

「反則自体はちょっと我々のほうが多いかなと。1ゲーム1回多い。ヤード的には6ヤードくらい多い」と結果を明かした。

ただ、そのうえで「汚いプレーって、どれか分からないですよ。今回のように意図的にされることもないんで」と首をかしげ「我々はやるなというのが仕事ですよ、監督の。絶対にやらさないようにしています」と述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「あれが一発レッドなのか...」史上2番目のスピード退場となったコロンビア代表MFが嘆き節【ロシアW杯】
相手選手の背中をキック!韓国は16年経っても変わっていなかった―中国ネット
コロンビア日本●地元紙「腹切り」ファルカオ落胆
前半3分でレッドカードのコロンビア代表MFサンチェス、W杯史上2番目のスピード退場
トッティのH組大胆予想――走るだけのチームではなくなった日本。個々の技術、戦術理解も素晴らしい【ロシアW杯】

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加