メモアプリ「Drafts」のクイックディクテーション(音声入力)機能がかなり便利♪

メモアプリ「Drafts」のクイックディクテーション(音声入力)機能がかなり便利♪

  • techjo
  • 更新日:2016/11/30

テキスト入力のハブ(中心)として使える高機能なメモアプリ「Drafts」のことは、以前、「処理自動化アクションが超便利な高機能メモアプリ「Drafts」、3周年で4月10日まで30%オフ!(注:現在はセールをしていません)」でご紹介しましたが、実は、iOS 10に対応した「Drafts」では、覚えておくととっても便利なウィジェット機能が追加されているのです!

それが、「Quick dictation(クイックディクテーション)」機能です♪

素早く音声入力ができる機能のことなのですが、使い方は、Draftsのウィジェットに表示されているマイクのアイコンをタップするだけ!

No image

すぐに、クイックディクテーションモードになるので、テキストにしたい内容をしゃべります。

No image

話し終わったら、「Create」をタップすると、話した内容が一瞬でテキスト化されます!

No image

ウィジェットからマイクをタップするだけなので、Draftsを起動する手間も、音声入力モードにキーボードで切り替える手間も必要ありません!

片手しか空いていないけれど、思い付いたことを残しておきたいときに、とても重宝するのです。

この「ウィジェットからディクテーションモードを起動する」機能は、iOS 10から導入されたもので、まだ採用しているアプリは多くありません。Draftsはそのうちのひとつというわけですが、Drafts自体がとても高機能なメモアプリなので、動作が軽く、テキストをいろいろ加工できるメモアプリを探している人にはお勧めです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
AmazonサイバーマンデーセールにAnkerが登場!バッテリーやスピーカー、伝説のポータブル電源まで3日間日替わりでセールを開始!
ASUS、ZenBook誕生5周年記念の13.3型ノートを100台限定販売 - 税別約6万円
爆発問題のGalaxy Note7、アップデートで強制的に文鎮化 携帯端末として利用不可に
飛行機から撮影された「雲を突き抜ける謎のポール」! 高さ1400メートル以上、月と地球を繋ぐコードか?
Amazonで面接を受けるとこんなことが起こる、という体験レポート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加