ダイムラーのカーシェア「car2go」、全世界で30%増の297万人が利用 2017年

ダイムラーのカーシェア「car2go」、全世界で30%増の297万人が利用 2017年

  • レスポンス
  • 更新日:2018/01/12
No image

ダイムラーのカーシェア「car2go」に使用されるメルセデスGLA

ダイムラーは1月11日、メルセデスベンツおよびスマートを利用したカーシェアリングプログラム、「car2go」(カーツーゴー)の2017年の全世界の利用実績を公表した。2017年はおよそ297万人がcar2goを利用し、前年比は30%増と伸びている。

car2goは2008年10月、ダイムラーが発表した新しいカーシェアリングシステム。car2goはとても簡単な方法で車両が借りられるようにした点が特徴。1回登録しておけば、あとは携帯電話やパソコンから、いつでも予約が可能。車両は専用駐車場に用意され、電子チップを埋め込んだ免許証をウィンドウの読み取り機にかざすだけで、車両のロックは解除される。

料金体系もシンプル。走行した距離に関係なく、1分につき課金する制度を導入。この金額にはガソリン代、保険料、税金が含まれる。車両は駅や空港などで乗り捨てができる。

また、car2goの手続きは、すべてネット上で可能。ユーザーは、car2goアプリをダウンロードした後、スマートフォンを使って、個人データと支払い情報を登録。あとは、運転免許証と自分自身の写真を撮り、セキュリティチェックの後、登録が完了する。登録は数分で済み、すぐに車両を借りることができる。

Car2goは2017年、全世界でおよそ297万人が利用し、前年比は30%増と大きく増加。とくに、イタリア・ミラノではプラス67万8000回、中国北京ではプラス62万2000回、ドイツ・ハンブルクではプラス45万4000回、前年よりもCar2goの利用回数が増加した、としている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トヨタ社長、景気アンケートに回答しない理由...上場大企業とマスコミの「新密度データ一覧」
メルセデス GLC 初の改良モデル、デジタルコックピットを最速スクープ
CFTC、仮想通貨投資で2社を詐欺罪で告訴【フィスコ・ビットコインニュース】
韓国、仮想通貨取引所の全面的な閉鎖を検討【フィスコ・ビットコインニュース】
パナソニック、巨額投資に回収不安か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加