【朝鮮人追悼碑訴訟】不許可処分を取り消し 政治的発言は認める 前橋地裁

  • 産経ニュース
  • 更新日:2018/02/14

群馬県高崎市の県立公園「群馬の森」の朝鮮人追悼碑をめぐり、碑を設置した「追悼碑を守る会」が県を相手取り設置更新の不許可処分取り消しを求めた訴訟の判決が14日、前橋地裁であった。塩田直也裁判長は不許可処分を取り消した。守る会側が求めていた設置期間の更新に関しては棄却した。

争点になっていた政治的発言の有無について、「強制連行」などの複数回にわたる発言について政治的であると認定した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
左手にスマホ右手に飲み物で左耳にイヤフォンのまま自転車に乗り77歳女性を死なせた女子大生に怒りの声
弁護士から200万円恐喝未遂 東京法務局の職員逮捕
JR東労組、民営化後初のストライキか 厚労省などに通知
野田総務相“重大な事故”の可能性、ソフトバンク通信障害
劇団四季シンバ役田中彰孝重傷、あご殴られ骨折
  • このエントリーをはてなブックマークに追加