甲府工 横浜・及川から先制も逆転負け「相手が1枚上だった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/10/22

◇秋季高校野球関東大会1回戦 甲府工2―8横浜(2018年10月22日 山日YBS)

甲府工は横浜の及川から2点を先制するも逆転負けを喫した。

3回、2番の五味太陽外野手(2年)が145キロを捉え、左越え適時二塁打で2点を先制。及川について「注目されている投手。速かったし、変化球のキレもすごかった。接戦に持ち込めばいけるんじゃないかと思っていた」「前の打席で内角直球を見逃していたので、次も同じ球が来ると思った。思い切ってスイングできた」と振り返った。

それでも4回以降はチームで無安打に抑えられ、全国屈指の好左腕を攻略とはいかなかった。五味は「相手が1枚上だった。これから頑張って、甲子園で横浜とあたってリベンジしたい」と雪辱を誓っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中日が来季の新ユニホーム披露、ドラゴンズブルー強調
巨人・高田 憧れの中日・松坂に自主トレ申し入れ 創志学園時代は“松坂2世”
「世界の100大ブランド」に中国から12社、日本は4社、韓国はサムスンだけ
丸、広島と1時間話し合い「まずは自分のチームとしっかり話を進めてから」
ソフトB浅村獲り黄信号 楽天・石井GM「気持ち伝わった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加