ビデオカメラ付きピンバッチ「FOMOcamera」はデザインのDIYも可能!

ビデオカメラ付きピンバッチ「FOMOcamera」はデザインのDIYも可能!

  • Techable
  • 更新日:2017/08/15
No image

過去にも何度か紹介したことがあるが、最近ピンバッチ業界にもデジタル化の波が押し寄せている。スマホと連携させることで、今までにはない使い方ができることが特徴だ。

少しずつウェアラブルデバイスのような位置付けにシフトしてきているピンバッチに、また新たな機能が加わった。紹介しよう、ビデオカメラ付きピンバッチの「FOMOcamera」だ。

・1080PのフルHD撮影に対応

No image

なんとこのピンバッチ、一見ただのピンバッチに見えて実はビデオカメラなのだ。デザインが描かれた円の中心にカメラレンズが搭載されており、背面のボタンをクリックすると即座に撮影を開始できる。

しかも、この小ささにもかかわらず解像度は1080Pに対応しており、16GBの内部ストレージをもっている。フレームレート(fps)に関しては定かではないが、デモ動画を確認した限りだと、常用のお手軽ビデオカメラとしては十分使えるレベルのようだ。

Micro USBポートを通して動画を取り出すこととなる。

・バッジデザインもDIYで自由にカスタマイズ

No image

ビデオカメラといえど、もちろんFOMOはピンバッジだ。ただ、他社製のピンバッジと異なり、表面デザインがモニターにはなっていない。

あくまでプラスチックカバーの下の台紙を入れ替えてデザインを変えることとなるため、これを良しとするかしないかは人それぞれかもしれない。開発元の会社にイメージを送れば型を取ってくれるサービスも用意されているのと、公開されている寸法通りに従えば、自分でつくることも可能なのは嬉しいところ。

バッテリーのもちが気になるところではあるが、GoProよりコンパクトなので、外出先でも問題なく使えそうである。FOMOcameraは今ならKickstarterで1つ39ドル(約4280円)で、2017年9月30日まで出資を募っている。

ピンバッジのデザイン性とビデオカメラ両方を求める人にお勧めしたいアイテムといえるだろう。

執筆:Doga

FOMO/Kickstarter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ゾウの気持ちに寄り添える。人間の言葉をゾウの鳴き声に変換してくれる翻訳サイトが登場
Windows 10ミニTips (207) OneDriveへのアップロード容量制限が緩和された!!
スマホの音楽をカーステレオで再生できるBluetooth FMトランスミッター。現時点の最強はこの子じゃないかな
「Firefox 55」正式版がリリース、WebVRに対応しパフォーマンスも劇的に向上
ついにDDR4-2666ネイティブ対応メモリーが登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加