最新ランキングをチェックしよう
振動で動く世界最小サイズの3Dプリントロボットを米大学が開発

振動で動く世界最小サイズの3Dプリントロボットを米大学が開発

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2019/07/22

いま、さまざまなロボットの開発が進んでいる。今回、アメリカのジョージア工科大学が開発したのは、振動で動く世界最小サイズの3Dプリントロボットだ。
・振動を利用して動く3Dプリントロボット
ジョージア工科大学は、圧電アクチュエータや超音波の発信源、小型スピーカーからの振動を利用して動く、新しいタイプの小型3Dプリントロボットを開発した。
サイズは長さ約2mm、幅1.8mm、厚さ0.8mmミリメートル

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
鷲見玲奈アナ「竹林不倫」越えの衝撃!? 上回れるのはあの“伝説のセックス事件”だけ?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加