SL「大樹」が半世紀ぶりに復活運転 東武鉄道

SL「大樹」が半世紀ぶりに復活運転 東武鉄道

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/08/11
No image

動画を見る(元記事へ)

東武鉄道が半世紀ぶりにSLの運転を復活させました。

東武鉄道は東武日光線の下今市駅と鬼怒川温泉駅の間で、SL「大樹」の運転を開始しました。SLの運転は51年ぶりで、土日を中心に一日3往復、走らせるということです。初日の10日は一番列車に乗ろうと、多くの鉄道ファンや観光客らが訪れました。
乗客:「私の名前(大樹)の漢字とSLの名前が同じだったので、一番列車に乗りたいなと思いました」「私は東武沿線なんですよ、50年ぶり」
沿線では地元住民らがSLに向かって手を振り、復活を喜んでいました。東武鉄道は鉄道産業の文化遺産を活用することで、日光・鬼怒川エリアの観光の振興につなげたいとしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
63億円「地面師事件」警察が追う「成りすまし女」の新写真を入手!
消防官・自衛官の採用大学ランキング 日本大から“国防の頂点”を奪ったのはあの大学!
日本に「A級戦犯が存在していない」という理由の根拠
「ファミマ直結交差点」なぜできた? 専用右折レーン、店舗駐車場内で信号待ちも
ついに東大で起こった非常勤職員の「雇い止め争議」その内幕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加