甘辛ミックス。カーゴパンツには「男性が着ないモノ」を合わせるのがコツ

甘辛ミックス。カーゴパンツには「男性が着ないモノ」を合わせるのがコツ

  • 女子SPA!
  • 更新日:2018/07/12

モードをリアルに着る!Vol.38/小林直子】

ここ数年、ミックススタイルというものがずっと主流になっています。

何をミックスするかというと、AというブランドとBというブランド、古いものと新しいもの、スポーツウエアとテイラーリングなど、異なった要素を組み合わせます。

2000年に入るころまでは、例えば「シャネラー」などと呼ばれていたように、どこか1つのブランドですべてコーディネートを作るのがよしとされてきたのですが、その傾向がだんだんと崩れてきて、昨今ではミックスするのがごく当たり前、全部同じにしてしまうと、どこか野暮ったく感じられるほどになりました。

◆女性的なもの×男性的なもので甘辛ミックススタイル

No image

女性的なものと男性的なものを組み合わせる甘辛ミックススタイル ※画像:WEAR

そんなミックススタイルの中でもよく使われるのが、フェミニンとマスキュリン、すなわち女性的なものと男性的なものを組み合わせる、日本で言うところの甘辛ミックススタイルです。

女性的な要素とは、例えばスカート、花柄、フリル、レース、ヒールの靴などを通常は指します。また男性的なものとしてはミリタリー、ネイビーなどの軍服、またはワークウエアやスポーツウエアなどです。

ただし、現在、言われている女性的な要素は、洋服の歴史を見てみると、過去に男性も着用していますので、あくまで近現代においては女性的と思われているということです。

最近ではアディダスとのコラボレーションも発表しているアレキサンダーワンは、こういったミックススタイルを得意とするブランドです。

そんなアレキサンダーワンの2018年の春夏コレクションから、カーゴパンツのフェミニン、マスキュリンのミックススタイルを見ていくことにしましょう。

◆カーゴパンツにコルセットのアレキサンダーワンのスタイル

No image

アレキサンダーワン2018年の春夏コレクションで発表された、カーゴパンツのフェミニン、マスキュリンのミックススタイル ※画像:WEAR

軍服がデザインソースであるカーゴパンツは男性的な要素を持つアイテムです。そこへレースのノースリーブシャツ、コルセット、そしてきゃしゃなヒールサンダルと女性的な要素を組み合わせています。

斜めがけした黒革のベルトバッグや、シルバーのブレスレットもハードなイメージで男性的な要素。最終的にでき上がったのは、おそらく男性はしないであろう、女性的なスタイルです。

No image

中世から女性の衣服の一部として使われてきた、いわば女性らしさを演出するコルセットを使っているのがポイント ※画像:WEAR

ポイントは強調したウエストでしょう。

胸郭からウエストへかけての強調は洋服において、女性らしさを表現するときによく使われるスタイル。特にコルセットは、中世から女性の衣服の一部として使われてきた、いわば女性らしさを演出する基本の小物。

戦う男のためのカーゴパンツに、中世以来続くコルセットを組み合わせるという、高度なスタイリングがこのアレキサンダーワンのカーゴパンツのルックです。

◆カーゴパンツはハードな雰囲気のものがベター

No image

カーゴパンツは、女の子向けのかわいいものではなく、ハードな雰囲気のものを Aymmy in the batty girls「BAGGAGE ワイドカーゴパンツ」 ¥13,824 ※画像:WEAR

私たちがリアルに取り入れる場合には、まずカーゴパンツを用意するところから始めましょう。

カーゴパンツはスポーツやアウトドアウエアとして売られているものでもいいでしょうし、最近は大き目が主流なので、メンズのヴィンテージのカーゴパンツを古着屋で調達するのもいいでしょう。

女の子向けのかわいいものではなく、ハードな雰囲気のもののほうが女性的な要素をミックスしたときに女らしさが際立ちます。

◆ポイントのウエストはベルトなどで強調

No image

ウエストを強調するために、幅が太めのベルトやサッシュベルトをつけるのがポイント ※画像:WEAR

次にウエスト部分です。アレキサンダーワンのようなハードな黒革のコルセットはとても格好いいのですけれども、これはなかなか売っていません。

しかし、ウエストはなんとしても強調したいので、幅が太めのベルトやサッシュベルトを探すといいでしょう。

◆足元とトップスは「男性が身につけないもの」を選んで!

No image

足元は、男性が履かないような華奢なデザインのサンダルで ※画像:WEAR

最後に足元です。足元はスニーカーではなく華奢なサンダルで決めましょう。

必ずしもヒールである必要はありませんが、「男性が履かないような華奢なデザインのもの」を基準にして選ぶといいでしょう。そのほうがミックススタイルの面白さがよりはっきりと打ち出せます。

No image

トップスは、男性が決して着ないようなものを選ぼう ※画像:WEAR

トップスはレースでも、シフォンでも、これもまた、男性が着ない素材のものを選びましょう。

男性が着ない素材でしたら、形はTシャツ型でも、タンクトップでも、なんでも構いません。よりフェミニンに持っていきたいのなら、男性が決して着ないようなキャミソールもお勧めです。

スタイル全身の色を3色以内にまとめたら、ハードなストリートスタイルであったとしても、どこかしらシックな雰囲気を出せますので、よりシックに見せたいときはそうするといいでしょう。

No image

スタイル全身の色を3色以内にまとめてシックな雰囲気に ※画像:WEAR

カーゴパンツに綿メリヤスのTシャツ、スニーカーなら、誰でもやっている、これといって芸のないありふれたスタイルです。

おしゃれとは、すなわち工夫をすることですから、ちょっと頭を使って、多くの人がやらないコーディネートを考え、チャレンジしてみましょう。そのチャレンジの積み重ねが、あなたをおしゃれな人へと変身させるでしょう。

<文/小林直子>

No image

【小林直子】

ファッション・ブロガー。大手ブランドのパターンナー、大手アパレルの企画室を経て独立。現在、ファッション・レッスンなどの開催や、ブログ『誰も教えてくれなかったおしゃれのルール』などで活躍中。新刊『わたし史上最高のおしゃれになる!』は発売即重版に

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ファッションカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ダイエット間に合わなかった...。そんなあなたは細見えワンピースに頼るべし♡
【今日のコーデ】スカートコーデ+ガウンが新鮮! 海の日らしいトリコロール配色に視線を集めて♡
【GU/サマーコーデ】390円+tax!思わず色違いでGET! この夏ツカえる! GUのクルーネックTシャツ♫
『ZARA』セールでゲットしたアイテムでパンダ流コーデ術2☆
夏のおしゃれコーデに必須♡590円からゲットできる、GUのおすすめ“レースアイテム”6つをご紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加