高橋真麻、テレビに出るために「不幸でいたい」戦略の落とし穴

高橋真麻、テレビに出るために「不幸でいたい」戦略の落とし穴

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2017/12/08
No image

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の有名人>
「不幸でいたい」高橋真麻
『ダウンタウンDX』(日本テレビ系、11月30日)

10代の頃の高橋真麻を、私は見たことがある。

といっても、もちろん私は知人でもなんでもなく、真麻はお嬢さま女性誌「25ans」(ハースト婦人画報社)に、“俳優・高橋英樹のご令嬢”として頻繁に登場していたのだ。高橋夫妻は何度も流産を経験している。真麻を妊娠中にも、何度も流産の兆候があったそうで、英樹は子どもが無事に生まれてきますようにと、道端のお地蔵さんや、来日していたローマ法王のテレビ画像にも手を合わせるほど、信心深くなったという。そんな真麻誕生秘話が、雑誌に書いてあったように記憶している。都内の名門女子高校に通う真麻が、英樹ゆずりの鼻をカメラに向け、誌面で毎回違う振り袖姿を披露し、屈託なく微笑んでいた姿を今も覚えている。

そんな真麻が、フジテレビの女子アナとして登場し、父親が有名俳優・高橋英樹だと知れると、「あのルックスでフジに入社できるのは、父親のコネを使ったからではないか?」と、ネットでバッシングが始まる。女子アナの入社試験の倍率は数千倍ともいわれるが、たまたま有名人の娘に生まれたというだけで、そのポジションを得られることに納得がいかない人もいるだろう。

が、世の中はそんなに甘くない。授業料を払って学歴を得る学生と違って、社会人は成果をあげなければ、仕事は来ないし、給料も上がらない。各局にはそれぞれ、見ない日はないというくらい出ずっぱりの人気アナウンサーもいるが、それは逆に言うと、仕事がない女子アナも存在するということである。英樹が直々に「うちの娘を頼む」と言ったのか、テレビ局が忖度して真麻を採用したのかは不明だが、ラクをして入社すると、ツケを払わされて苦労するのは本人である。

実際、入社後の真麻は苦労したように私には見える。『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で真麻は、「ネットで叩かれて激痩せして、可愛くないなら、細いと言われたくなった」「ラーメンの麺1~2本しか食べられず、38キロまでいった」と、精神的に相当追い込まれていたことを明かしていた。

局が特別扱いしていないと示すためか、真麻は『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で、とんねるずに一斗缶で殴られ、熱湯をかけられていた(スタジオに英樹がいて、娘の姿を見て笑っていたが、これは「親公認のイジリであってイジメではない」というエクスキューズだと思われる)。また、お正月特番で、着付けのために女子アナが早朝に集合をかけられる中、真麻だけは顔の出ない着ぐるみを着させられ、その番組を見た真麻の母ががっかりしていたと『ウチくる!?』(フジテレビ系)で話していたこともある。

資本主義社会では、払ったカネに応じた扱いを受けるものだ。お嬢さまである真麻は、数々の特権を味わい、それが彼女自身の自己評価に影響を与えているように思う。だからこそ、女子アナを目指したのだろうが、念願の女子アナになってテレビには出られても、自尊心を破壊されるような扱いを、真麻が本当に受け入れていたかは疑問である。

真麻は表面上、テレビの二元論的価値観を受け入れる。テレビでは、「既婚者は独身より幸せ」「子持ちは子ナシより幸せ」で、「オンナ芸人はモテない」といった決めつけのもとに作られているが、真麻はこのルールに沿って、自分は「視聴者より下」であると印象付けることを、自らに課したようだ。ブログにぼっち飯を載せたり、交際中の彼氏とのノロケを書かないかわりに“うまくいっていないこと”をたびたびアピールするのは、一種の“サービス”なのだろう。

11月30日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演した真麻は、彼氏と結婚しない理由について聞かれると、「仕事が第一」「人は人の幸せに興味がない」「家族も仲良し、仕事も順調、新婚さんでラブラブになんて怖い」「だから、不幸でいたい」と話していた。幸せになってしまうと、視聴者にそっぽを向かれて、仕事が減ると考えているのだろう。

お嬢さまなりに、一生懸命、世の悪意について考えたのだろうが、いかんせん、お嬢さまなので詰めが甘いというか、底が浅い。もし真麻が本当に「仕事が第一」なら、結婚して子どもを産む方がいいのだ。

テレビが独身女性を不幸、結婚できないとイジるということは、テレビで働く真麻にとっては、仕事が増えることになるのでおいしい。しかし、この独身イジりには条件があり、「結婚できないはずがないから、笑える、イジれる」のである。具体的に言うのなら、「モテそうなルックス、職業である」「まあまあ若いこと」が条件であり、40歳以上の芸能人がイジられることは滅多にない(あるとしたら、井森美幸のように、とてもその年齢には見えない美しさを保っている場合である)。真麻は現在36歳。あと数年もすると、番組側がイジる対象でなくなる。今の営業方針では、頭打ちになる時が来るのだ。

もう1つ、真麻の言う「人は人の幸せに興味がない」のは事実だろうが、不幸であればウケると言い切れるほど、視聴者心理は単純なものではないと私は思っている。

バラエティの常連タレントたちは、年齢ごとに微妙にスタンスを変えている。例えば、HKT48・指原莉乃、フリーアナウンサー・田中みな実ら、20代半ばからアラサー世代に属する若いチームは、“自虐”で売っているが、真麻と同年代の女優・遠野なぎこや佐藤仁美は、自分の不幸経験をさらすことはあっても、“自虐”はしない。これは単なる偶然ではなく、意図的なものだろう。幸せを貯金と置き換えてみよう。若い時に、貯金がない(不幸である)の仕方ないことだが、ある程度の年齢になって貯金がない(不幸である)と、「何やっていたんだ」と言われるのと一緒である。

真麻が本当に「仕事が第一」なら、テレビの世界が認定する幸せ、つまり“結婚して子どもを持ち”、悩みはあるけれど「まあまあ幸せ」を演出した方が、視聴者の気持ちはつかめると思うのだが。

仁科友里(にしな・ゆり)
1974年生まれ、フリーライター。2006年、自身のOL体験を元にしたエッセイ『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。現在は、芸能人にまつわるコラムを週刊誌などで執筆中。気になるタレントは小島慶子。著書に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)、最新刊は『確実にモテる 世界一シンプルなホメる技術』(アスペクト)。
ブログ「もさ子の女たるもの」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
長澤、“元彼”の躍進に「ほんとにすごい人」
滝沢カレン、Hey! Say! JUMP有岡大貴に話題の“四字熟語あだ名”命名「的を得すぎ」「天才」と反響多数でトレンド入り
お笑い芸人、グラビア、イケメン俳優......テレビ業界人が暴露「1年もたずに消えた芸能人」
坂上忍 ファンの「写真撮ってください」に応じたら...「ウソでしょ!?」
将来を嘱望された有望ダンサーの“転落人生”......強制わいせつ逮捕!東京バレエ団・入戸野伊織容疑者の素顔
  • このエントリーをはてなブックマークに追加