「代表チームは頭を鍛えろ。ベンゼマは悪い手本」フランス大統領が強烈ダメ出し

「代表チームは頭を鍛えろ。ベンゼマは悪い手本」フランス大統領が強烈ダメ出し

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/10/19
No image

レアル・マドリーのカリム・ベンゼマ【写真:Getty Images】

フランスのフランソワ・オランド大統領は自身の本を通じ、同国の代表チームに強烈なダメ出しを行った。17日、スペイン紙『アス』などが報じている。

先ごろ、フランスで出版された『大統領はそれを言うべきではない』という一冊の本。これは仏紙『ル・モンド』の2名の記者の手によるオランド大統領について書かれた本だ。

この中で、オランド大統領がスポーツについて語っている章があり、その中で同大統領は「フランス代表には、代表チームと国家への忠誠心がない。この代表チームには、規範や大した価値もない物騒な地域からやって来た人間がおり、そして彼らはすぐに海外へと移籍してしまう。教育のない子供が、リッチなスターとなるのだ」と述べている。

そして、チームメイトへの恐喝事件で代表から遠ざかっているFWカリム・ベンゼマについては「彼はモラル的に手本にならない」と一刀両断。またフランスサッカー協会に向けては「練習を減らして、脳の強化をする講義を行うべきだ」と皮肉を送っている。

過去にも、ベンゼマの恐喝事件について批判的な言及を残したこともあるオランド大統領。今回もまたフランスサッカー界に向けた強烈な批判を展開している。既にフランス国内では話題とされているこれら発言だが、今後各方面からどのようなリアクションが出るのか注目される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「長かった」内田篤人が約1年9か月ぶり復帰へ、ザルツブルク戦でメンバー入り
かつてペレやベッケンバウアーも在籍したNYコスモス、無期限の活動休止...全選手との契約打ち切りへ
本田ミランの売却、3月3日になると発表
<サッカー>中国クラブの熱視線は韓国人から日本人へ、日本代表主力3選手が中国移籍の可能性も―中国メディア
シャルケ内田のELメンバー入りが正式発表...1年9カ月ぶりの試合復帰へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加