最新ランキングをチェックしよう
JALが国際線燃油サーチャージを現行継続で申請

JALが国際線燃油サーチャージを現行継続で申請

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2018/04/17

6〜7月発券分は現行継続、極東ロシアが500円 JAL(日本航空)が2018年4月16日(月)、6〜7月に発券される航空券の燃油サーチャージ(燃油特別不可運賃)の適用額を、現行(4〜5月)と同額で国土交通省に申請したと発表しました。JALが国際線燃油サーチャージを現行と同額で国交省に申請。写真はイメージ(2017年11月3日、乗りものニュース編集部撮影)。 JALでは、燃油サーチャージを2カ月ごと

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
離島防衛に超音速滑空弾=防衛省、26年度実用化目指す-沖縄に配備念頭
松本人志もホリエモンも「現金を使わない」? “現金払い”は損をしているのか
ポルシェ、ディーゼルエンジン搭載車の廃止を決定...電動化へシフト
株価が年初から4割下落、「鳥貴族」を覆う不安の正体
いまのETC車載器、使えなくなる可能性 2022年には一部がNGに 判別のポイントは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加