この秋登場の注目モデル、新型5枚刃ラムダッシュはやっぱりスゴかった!

この秋登場の注目モデル、新型5枚刃ラムダッシュはやっぱりスゴかった!

  • @DIME
  • 更新日:2017/08/10

近年、男性の身だしなみ家電を代表する存在として、緩やかだが確実に市場を拡大しているのがメンズシェーバーだ。実際、2014年の710万台に対して、2017年が770万台の出荷が予測されている。なかでも、そんな市場を牽引するのが肌にやさしく、かつ深剃りをうたう2万円以上の上級モデル。

その背景には男性のスキンケアなど美容意識の高まりがあることは、改めて指摘するまでもないだろう。特にパナソニックの「ラムダッシュ」5枚刃シリーズは、2011年発売の『ES-SV61』以来、このプレミアムシェーバー市場をリードしてきたブランドでもある。

そんな「ラムダッシュ」5枚刃シリーズに待望の新モデル、「ES-LV9CX」が9月1日に発売されることになった。新型は従来モデルと比較して、どこが進化したのか。さっそく、その〝深剃り〟レポートをお届けしよう。

その前に新型5枚刃ラムダッシュの主な機能をチェックしておきたい。

パナソニック

メンズシェーバー「ラムダッシュ ES-LV9CX」

オープン価格

No image

外形寸法/高さ167×幅72×奥行き59mm、約215g

外刃/ステンレス刃物鋼5枚刃

内刃/30°鋭角ナノエッジ内刃

使用日数/1日1回約3分間の使用で約14日間使用可能(フル充電時)

主な機能/5Dアクティブサスペンション、パワークイックスリット刃、スムースローラー、スマートロック機能

◎9月1日発売予定

No image

まずヘッドの動きが従来の前後・左右・上下に加え、左右両方向へ10度可動する「ツイスト」、さらにヘッドが前後に1.0mm可動する「スライド」を加えた「5Dアクティブサスペンション」へと進化した。アゴ下や頬の凹凸部に均一に圧力がかかりやすくなり、ヘッドがより肌に優しく、密着する。

No image
No image

そして圧倒的な深剃りを実現する5枚刃搭載ヘッドでも、パワークイックリスト刃がバージョンアップ。長くて寝たヒゲを捉えやすい形状とすることで、ヒゲを確実にキャッチしていく。同社によれば、この長くて寝たヒゲの除去率が従来モデル比で約200%向上したという。

No image

また誤動作を防ぐ「スマートロック機能」を新たに搭載。本体をグリップすると、これを本体側で感知して。ロックを自動解除するという機能だ。手を離すと、今度は約60秒でスイッチが自動的にロックされる。

No image

このほかにも内刃には、磨耗に強いステンレス刃物鋼を素材に使い、刃先角度を30°まで鋭角化。硬いヒゲも気持ちよくカットする「30°鋭角ナノエッジ内刃」を搭載している。ちなみに内刃と外刃は焼き、鍛え、研ぎ澄ますといった、日本刀と同様の製法で作られており、まさにMade in Japanの切れ味を持っているのだ。

No image

そしてヒゲの濃さに応じて自動でパワーをコントロールする「ヒゲセンサー」も引き続き搭載された。これはヒゲの濃淡を自動で検知。濃いエリアはパワーアップ、薄いエリアはパワーをセーブする機能。これにより、肌に過剰な負担をかけることなくシェービングが行なえるのだ。

このように深剃りと肌に優しい多彩な機能を搭載した新型5枚刃ラムダッシュ。さっそく、実際にシェービングしてみよう。モデル役は編集部スタッフのオビツだ。

No image

シェービング前の様子。同じ部位内でも長さの違いによる濃淡が生じており、それが〝無精ヒゲ感〟につながっている。特にアゴ先はその傾向が顕著。鼻下はよく見ると左右で濃淡の違いがあり、早急な処置が必要な状態といえる。

No image

スタートは頬から。刃を肌に対して90度にあてることが重要だ。スタート早々から軽快なカット音が響く。ヘッド部に搭載された「スムースローラー」、肌にストレスなく密着する「マルチフィットアーク刃」などの効果により、5枚刃の大型ヘッドを感じさせない滑らかな動きを実感。いつまでも剃っていたくなるような心地よさがある。

No image

続いて鼻下へ移動。狭いエリアだけにヘッドには細かな動きが要求されるが、ここでも「5Dアクティブサスペンション」の効果を実感。さまざまな動きの中でもヘッドは肌に密着するため、頬と同じように肌に押し付けたり、こすり上げるような動きは全く不要だったからだ。

No image

そしてアゴ先からノドへ移動。実はヒゲの生える角度は部位によって異なっており、アゴ下は25度と、かなり〝寝た状態〟。それだけシェーバーの外刃がヒゲを捕えにくいのだが、パワークイックリスト刃を装備した新型ラムダッシュ5枚刃は問題なし。自分の手で本体を動かさなくても、ヘッド自らが滑るように肌の上を動いていく感覚さえあった。

そして上の写真の5枚刃ラムダッシュのヘッドに注目してほしい。ヘッドがツイストかつ左右に傾き、さらに上下しながらアゴ先に追随しているのがわかる。このような動きは、通常のシェーバーヘッドでは、まず考えられない。5Dアクティブサスペンションの効果を改めて確認できた。

No image

こうして剃り終えた後の様子が上の写真。一気に剃り落したこともあるが、無精感が解消され、顔のラインもすっきり。顔色も明るくなったようだ。ヒゲの根元まで見事に深剃りされている。しかも、ヘッドとの摩擦で生じる赤みもない。新型ラムダッシュ5枚刃の新たな進化を感じさせる結果となった。

撮影/シマモトカズオ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
給与減でも安心「月5万からの副業」30選
【奈良】毎朝危険運転で目撃されるという車がヤバい。。道交法を完全無視
「牛乳石鹸」広告が炎上、「もう買わない」の声 「意味不明」「ただただ不快」批判殺到
不明ゾウガメ「15分で発見」のナゾ 園長が語った「大きな声では言えないこと」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加