大阪桐蔭4選手のセンバツの意気込みを紹介!「春連覇の偉業に挑戦する」

大阪桐蔭4選手のセンバツの意気込みを紹介!「春連覇の偉業に挑戦する」

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2018/02/02
No image

左から山田健太、中川卓也、柿木蓮、根尾昂

1月26日、第90回記念選抜高等学校野球大会の出場36校が発表され、大阪桐蔭の2年連続の選抜出場が決まった。昨年は二度目の選抜優勝!2年生ながら頂点を経験した4選手が最上級生となり、改めてこの大会にかける意気込みを語ってくれました。

中川 卓也(2年・三塁手)
春も夏も記念大会になるので、注目されるのは間違いないと思いますが、注目されることを力に変えていきたいです。なんとしても春連覇を果たし、春夏連覇を狙える権利を得て、夏は連覇の偉業に挑戦できるようにしていきたいと思います。

山田 健太(2年・二塁手)
昨年、選抜優勝した時の喜びはこれ以上にない喜びで、人生で一番嬉しかったです。全国では強い学校が多くあると思いますが、自分たちは自分たちの野球をして、相手を気にせずに挑戦者の気持ちを忘れずにやっていき、春連覇を目標にやっていきたいですし、あの喜びをもう一度味わいたいです。

根尾 昂(2年・遊撃手)
去年、素晴らしい経験を先輩たちのおかげでさせていただきました。
その経験をもう一度したいですし、自分の代にとって最後の春大会になりますので、一戦一戦勝って頂点に立ちたいです。また夏の記念大会でも優勝を目指していますので、夏につなげていけるようにしていきたいです!

柿木 蓮(2年・投手)
出場が決まり、自分のベストピッチングができるように調整をしていきたいです。記念大会と節目の年となるので、優勝できるよう頑張っていきたいと思います!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加