FAの元SB李大浩、来季の去就は? 韓国紙「依然として韓国や日本への扉も」

FAの元SB李大浩、来季の去就は? 韓国紙「依然として韓国や日本への扉も」

  • フルカウント
  • 更新日:2016/12/01
No image

メジャー初年度は前半戦活躍も…「失敗に終わりそうだと最初に分かっていた」

マリナーズからFAとなった元ソフトバンクの李大浩内野手が、来季の去就について「何も決まっていない」と地元紙に明かしている。メジャーでのプレー続行を望む一方で、日本や韓国への復帰も視野に入っているようだ。韓国紙「中央日報」の取材に答えている。

李大浩は昨オフ、ソフトバンクから自由契約の道を選び、メジャー挑戦に踏み切った。その後、マイナー契約でマリナーズに加入。キャンプでアピールに成功し、開幕メジャーの座を掴み取った。

スタメン出場は主に相手投手が左腕の場合に限られたが、前半戦は64試合出場で打率.288、12本塁打、37打点と活躍。しかし、後半戦は40試合出場で打率.200、2本塁打、12打点と失速し、8月下旬にはマイナー落ちも経験した。最終的には104試合出場で打率.253、14本塁打、49打点でシーズンを終えている。

李大浩は「僕のMLB挑戦は失敗に終わりそうだと最初に分かっていた。大局的に見て、僕は挑戦に意気込むことで十分に満足していた」と回顧。ただ、自らの力でメジャー昇格を引き寄せ、前半戦は実力も証明した。

「MLB行きを後悔してはいない」「何も決まっていないうちは本当に言えるものがない」

日本でも確かな実績を残した強打者は「最初はずっと興奮していたけど、シーズンを通して安定したペースを保つことができなかった」としつつ、「でもMLB行きを後悔してはいない。世界最高の選手たちと並んでプレーできたことは計り知れない経験になった」と振り返ったという。

記事では「マリナーズとの契約が満了し、李はFAとなったが、来季どこでプレーするか、いまだ本人も知らない。希望はMLB残留であるものの、李には依然として韓国や日本への扉が開かれている」と指摘。その上で、本人が以下のように話したと伝えている。

「正直に言って、何も決まっていないうちは本当に言えるものがない。もし(シーズンの)最後まで良いプレーをしていたら、MLB球団との契約に漕ぎつけただろうけれど」

来季もメジャーでの挑戦を続けるのか、それとも日本復帰という決断を下すことはあるのか。その去就に注目が集まる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
田中将大所属のヤンキース、球宴選出7度の強打者ホリデイを獲得
韓国出身の大投手が“不名誉ランキング”に選出 MLBの「最悪なFA契約」で3位
小久保監督、日本人大リーガーと直接面談する  WBC出場意思確認へ
「イチローのために条件を破ろう」 MLB30球団の“最高FA契約”に特例選出
巨人退団→消息不明のガルシア、MLBでFAに 地元メディアは活躍に太鼓判
  • このエントリーをはてなブックマークに追加