「日本を恐れる必要なし」 ブラジル戦完敗のハリルジャパンにベルギー紙が“痛烈報道”

「日本を恐れる必要なし」 ブラジル戦完敗のハリルジャパンにベルギー紙が“痛烈報道”

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/11/12
No image

ヘント久保のブラジル戦でのプレーを酷評「ユウヤ・クボは眠っていたのか?」

日本代表は10日にフランスのリールでブラジル代表と国際親善試合を戦い、1-3で完敗した。現地時間14日に対戦するベルギーの地元メディアは日本の敗戦を取り上げ、「デビルズ(ベルギー代表)、日本を恐れる必要なし」と報じた。

日本はFWネイマール(パリ・サンジェルマン)のPKによるゴールを皮切りに、DFマルセロ(レアル・マドリード)、FWガブリエル・ジェズス(マンチェスター・シティ)に立て続けに得点を許し、前半だけで0-3と大差をつけられた。互いに選手を多く入れ替えた後半は、DF槙野智章(浦和レッズ)がセットプレーから1点を返したが、ブラジルがペースダウンしても形勢逆転とはならなかった。

ベルギー紙「ヘット・ラーツテ・ニウス」は、ベルギーでプレーする日本人選手に着目した上で、「クボは期待外れ。モリオカは落ちた。デビルズ(ベルギー代表の愛称)は日本を恐れる必要はない」と報道。日本としてはなんとも屈辱的な見出しとなっている。

ヘントでプレーするFW久保裕也は右ウイングで先発。決定的なプレーを見せることができず、ハーフタイムにFW浅野拓磨(シュツットガルト)と交代した。記事では「昨日のユウヤ・クボは眠っていたのか?」と指摘されている。

“赤い悪魔”を見返すことはできるか

ベンチスタートだったワースランド・べべレンのMF森岡亮太は後半25分から途中出場し、3年ぶりに代表のピッチに立った。「今季のジュピラーリーグ・プロでセンセーショナルなプレーメーカー」とクラブでの活躍が絶賛されているものの、短い出場機会の中でインパクトを残すことはできなかった。

日本とベルギーは現地時間14日にブリュージュで対戦する。ロシア・ワールドカップでは優勝候補の一角と目される“赤い悪魔”にとって、ハリルジャパンは取るに足らない相手と見られているようだが、こうした下馬評を覆すことはできるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ACL決勝】0-8恥辱を忘れぬアル・ヒラル。打倒浦和へ徹底したロビー活動、AFC会長への圧力
“天才”小野伸二に海外メディア注目 中田英寿らに並ぶ「日本サッカー界のレジェンド」
【現地発】乾貴士がエイバルで新ポジションに挑戦中! 新ライバルの加入も?
監督が記者に「黙れ!」4連発の“ブチ切れ会見”が話題 英メディア「史上最高の激怒か?」
32年前に自らのゴールで葬った相手をW杯の舞台に連れ戻したアルゼンチン人指揮官
  • このエントリーをはてなブックマークに追加