現代科学と伝統的なお茶作りの技術が組みこまれた自動茶醸造機『TEAMOSA Your Personal Tea Brewing Master』

現代科学と伝統的なお茶作りの技術が組みこまれた自動茶醸造機『TEAMOSA Your Personal Tea Brewing Master』

  • @DIME
  • 更新日:2017/12/08
No image

主に熱帯及び亜熱帯気候で生育する常緑樹である、茶樹(チャノキ) の葉や茎などを加工して作られる飲み物「お茶」。

広く全世界で親しまれており、酸化発酵を行わない緑茶、酸化発酵を行う紅茶が世間では良く知られています。

紅茶等の発酵茶の場合、茶葉に含まれているカテキン(ポリフェノール)の成分と酵素が反応してテアフラビン(フラバノールから構成される抗酸化性のポリフェノール)などが生成され、様々な茶の味や香りを楽しめます。

適正にお茶を醸造出来れば、より美味しく健康的なお茶を飲めますが、ソレを行うのは結構大変です。

デジタルガジェット全盛のこの時代、適正にお茶を醸造出来る、そんな都合の良い商品は存在しないのでしょうか……?

実はあります。

このたび、クラウドファンディングサイト(不特定多数の人がインターネット経由で、財源の提供や協力などを行うこと)のindiegogoで、超音波抽出を使用して伝統的に醸造された茶よりも20%多くの抗酸化物質を保持する自動茶醸造機「TEAMOSA Your Personal Tea Brewing Master」が発表されています!

TEAMOSA: Your Personal Tea Brewing Master

No image

TEAMOSA

No image

TEAMOSA TEA MASTER

No image

TEAMOSAを使用すると、お茶の風味をカスタマイズする事が可能です。

専用のお茶のカプセル、もしくは好みの茶葉を自由に選択可能です。

No image

お茶を入れる事は難しくはありませんが、それを正しく行うには精度が必要です。特に温度と時間が重要です。どうして? それは本当に科学的なものだからなのです。

TEAMOSAは、現代の科学と伝統的なお茶作り技術を組み合わせた初めての、お茶醸造機です。TEAMOSAの主な機能は次のとおりです。

●温度管理
●醸造時間コントロール
●クラウドベースのアプリケーション・コントロール
●超音波抽出
●ペーパーカプセル
●ルーズリーフティー(茶葉のまま売られている紅茶)
●ワンボタンで稼働
●自動清掃機能

No image

TEAMOSAは、ルーズリーフティーやTEAMOSA専用お茶カプセルの中から自由に選んで、醸造時間と温度がバッチリな美味しいお茶を入れられます。

No image

紅茶の主な健康促進物質は、ポリフェノール(抗酸化物質)である事が良く知られています。

通常、お茶を入れる時の最適な温度は85°C前後とされていますが、TEAMOSAでは、65°Cの温度を採用。抗酸化物質の収率を上げるために、超音波抽出を行います。

No image

TEAMOSAは、様々なお茶の種類別であらかじめ設定されているプログラムを持ちます。

TEAMOSAの設定は、34年以上のお茶の試飲経験を持つ茶の専門家によって設計されています。

独自の醸造プロセスを楽しみたい場合は、醸造温度、浸漬時間、強度、カップサイズを設定する事が出来ます。

No image
No image

また、iOSとAndroidアプリのどちらでもプログラムが可能なので、醸造時間を事前にスケジュールし、何時でも美味しいお茶を楽しむ事が出来ます。

No image

世界中には数千種類のお茶があり、それぞれに個性的な外観、味、香りが有ります。

お茶は主に、緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶の6種類の区分で分けられますが、これらは主に茶樹の酸化発酵の有無や反応の違いによるものです。

TEAMOSAは、茶葉が完璧に醸造されていることを確認する事が出来ます。

No image

TEAMOSAは、お茶の種類毎にそれぞれ異なる水温、茶と水の比率、醸造時間を最適化して、健康的な成分、味、香りを引き出すことが出来ます。

あまりにも熱すぎたり、冷たすぎたり水を使用していると、お茶の特性を損なうことになります。

そこでTEAMOSAを使用すると、抗酸化物質の摂取量を最大限に高める事が出来ます。

No image
No image

超音波抽出を使用して伝統的に醸造された茶よりも20%多くの抗酸化物質を保持する自動茶醸造機「TEAMOSA Your Personal Tea Brewing Master」。

これからのお茶は超音波抽出の時代です! たぶん!

※記事参考・引用 wikipedia
※本記事は、執筆時点でネットに公開された資料や取材による情報に基づく商品やサービスの紹介風のエッセイとなりますが、筆者及び編集部はその内容や継続性等を保障するものでは御座いません。(特に海外メーカーの場合、公開された仕様と実際の仕様が異なる場合があります。)
※海外通販の購入(輸入)やクラウドファンディングの出資については、筆者及び編集部はその商品やプロジェクトを保障するものでは御座いません。輸入や出資は自己責任となります。ご注意下さい。
※技術基準適合証明(技適)を取れていない商品がある場合、その機器の「使用」を勧めるものでは御座いません。購入、利用に於いては、あくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
※本記事に登場する、登場人物のキャラクターや言動は概ねフィクションです。

文/FURU

デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描き兼ライター。電脳ネタがテーマの漫画を得意とする→http://www.furuyan.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レンガの地面に雪が降った結果→「えっ、なんでこんなことが起きるの?」
外国人「日本の1円硬貨には世界で唯一の特徴があるらしい...試したらホントだった!」
【注目!】 買った?試した? 2017年にヒットした商品、ここに発表!
女がドン引く瞬間〜全身脱毛した男の許せない行動〜
【検証】ユニクロの防風暖パン『ブロックテックスリムフィットチノ』だけで真冬のバイク通勤に耐えられるのか試してみた結果
  • このエントリーをはてなブックマークに追加