韓国与党「朴大統領辞任は4月末」

韓国与党「朴大統領辞任は4月末」

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/12/01
No image

韓国の朴槿恵大統領の進退をめぐり、与党・セヌリ党は1日、退陣の時期について、来年4月末とする立場を決めるなど、与野党の駆け引きが激しさを増している。

朴大統領は、先月29日の談話で、自らの進退を与野党の決定に委ねる意向を示した。談話を受けて与党セヌリ党は1日の議員総会で、退陣の時期を来年4月末とする立場を決めた。

セヌリ党・鄭鎮碩院内代表「来年4月末の大統領辞任、6月末の大統領選挙を党として、きょう決定した」

弾劾に同調する動きを見せていたセヌリ党の非主流派のリーダー、金武星前代表も、「朴大統領が4月末に辞任する意向を示せば、弾劾は不要」と態度を軟化させている。

一方、野党側は弾劾手続きを進める方針だが、足並みが乱れている。最大野党「共に民主党」は1日午前、弾劾訴追案を2日に採決する方針を決めたが、ほかの野党がこれを拒否。採決は、来週9日に先送りとなる見通し。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
北の人権問題解決へ“国際社会の連携”議論
「部落差別解消推進法」が成立
橋下徹氏「蓮舫さんなんか二重国籍問題ではバリバリの嘘つきだ」 党首討論での蓮舫代表の発言を受けツイート
「息をするようにウソをついている」のは蓮舫氏ではないか
産経はボロクソに批判 農協改革、新聞社説の評判
  • このエントリーをはてなブックマークに追加