【スポーツ】小国と田中恒成の化学反応 相乗効果で新たな一面に期待

【スポーツ】小国と田中恒成の化学反応 相乗効果で新たな一面に期待

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/23
No image

スパーリングを行った小国以載(右)と田中恒成

9月13日にエディオンアリーナ大阪でダブル世界戦を行うIBF世界スーパーバンタム級王者の小国以載(角海老宝石)とWBO世界ライトフライ級王者の田中恒成(畑中)が3日、東京・大塚の角海老宝石ジムで2ラウンドのスパーリングを公開した。

7月には、ワタナベジムのWBA世界ライトフライ級王者の田口良一とIBF世界ミニマム級王座に挑戦した京口紘人が試合の約10日前に8ラウンドのスパーリングを行った。小国と田中は試合まで1カ月以上あるとはいえ、こちらも異例の顔合わせだった。

テレビ局の企画で行われたスパーリングではあったが、なかなか見ることのできないチャンピオンの交流は興味深かった。小国いわく「マスボクシング(本気で打ち合わないスパーリング)ですよ」だったが、小国は鋭いジャブ、田中は素早いステップと、互いに持ち味を出し合う見応え十分の2ラウンドだった。

スパーリングの手合わせは初めてという2人は、すぐに意気投合した。小国が「速いし、フェイントあるし、カウンターあるし、ややこしくらい強い。接近戦でうまく打たれた。そこら辺は取り入れたい」と言えば、田中も「ジャブがすごい。中に入れないし、かいくぐって入ればカウンターを打たれる。すごい上手。やられました」と互いに褒め合っていた。

田中が小国を評して「緻密に練り上げられたボクシングという印象がある。やってきた練習を試合で出すというのは、相手が違うのでかなり難しい。小国さんはそれを出す力がある」と言った。冗談めかした発言や、コスプレなどのパフォーマンスに目を奪われがちな小国の、ボクサーとしての本質を見抜いていた。

チャンピオン同士のつかの間の触れ合いが、テレビの企画で終わることなく、いい意味の“化学反応”を起こしてくれないだろうか。相乗効果で新たな一面を見せてくれることを期待する。(ボクシング担当・津舟哲也)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大鵬の孫納谷幸男、9・14プロレス初戦は雷神矢口
UFC王者ジョーンズが禁止薬物に陽性反応
須藤元気が大予想。どうなる?メイウェザーvsマクレガー「世紀の一戦」
【快挙】WWE「中邑真輔」がサマースラムのメインに出場決定! 例えるならヤンキース松井秀樹レベルの偉業!!
さらばヨネクラジム!「日本の名門」が閉鎖を決めるまで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加