ヤク小川監督、「1番・山田哲」で健脚復活! 積極走塁期待

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/14

ヤクルト・小川監督が13日、来季の打順構想に「1番・山田哲」を掲げた。松山秋季キャンプ中の指揮官は「最終的には他の選手との兼ね合いもある」と前置きした上で「理想は1番になる」とした。

今季は3番が最多の先発74試合で、1番での先発は16試合だったが「走るのを絡めないと、簡単には得点できない」と指揮官。昨季はリーグワーストのチーム打率・234。打力アップに力を注ぐと同時に、現有戦力での機動力を高める。

昨季まで2年連続トリプルスリーを達成したが今季は14盗塁。小川監督は「もう一度トリプルスリーを獲ったときの積極性でやってほしい」と注文した。「準備をしやすいように」とキャンプ第1クール中には山田哲を監督室に呼び、打順と走塁面強化を伝えた。

「チームの理想の野球ができるように、頑張るだけです」と山田哲。新任の河田外野守備走塁コーチの指導の下、走塁練習にも力が入っている。来季は切り込み隊長として打つだけでなく、駆け回る。(川手 達矢)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神・福留、MVPに誓う来季優勝!そのためにも「嫌われ役」になる
FA大和、球団納会を欠席...金本監督は理解示す「おれが彼の立場なら欠席」
野村ホークスVs長嶋巨人!来年2・10宮崎でレジェンドたちが激突
ふるさと納税します!広島D1・中村奨、契約金や年俸の一部で恩返し
楽天D2・岩見、ニックネーム募集「定着してもらえる呼び名を」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加