豹変!スズキのビッグシングル『DR650』が原型を留めないストリートカスタムに

豹変!スズキのビッグシングル『DR650』が原型を留めないストリートカスタムに

  • DIGIMONO!
  • 更新日:2017/10/13
No image

掲載:DIGIMONO!

あのビッグシングルが、ここまで都会派に変貌!
スズキの『DR650』といえば、シングルピストンエンジン車では世界最大の排気量となる『DR800』に次ぐ、シングル破格の644cc排気量を実現したマニアックなバイク。そんな『DR650』にドイツのバイクビルダー「Diamond Atelier」がストリート風のカスタムを施したことで、なんとも現代的でスマートなバイクに生まれ変わりました。

【詳細】他の写真はこちら

スズキ車独特の”アク”が若干抜け、なんだかおしゃれ風味になっていますよ?

睨みをきかせる個性的なカウル上の単眼ライト

本来の『DR650』は全身にまとったオフロード仕様の樹脂製カウルが目を引くポイントですが、今回のカスタムでは原型車のカウルをとことん剥がし尽くしたネイキッド仕様に。フロントには、印象的な一つ目のライトが睨みをきかせるオリジナルフェアリングが取り付けられています。どことなく、近未来SFっぽい雰囲気を感じる?

車体はスリム&シンプルに

セパレートハンドルにシングルシート、そしてパワーフィルターと、カスタムの方向性は”ストリートバイク”、あるいは”カフェレーサー”方面に寄せたアプローチ。ほとんど溝のないタイヤがストイックな走りを想像させますね。オフロードバイクをベースにオンロード向けのタイヤを装着しているということは、この車両はある意味”モタードバイク”の一種として分類できるのでしょうか?

どうやら一般販売されているらしい

Diamond Atelierは、この『DR650』のカスタムバイクに「For Sale」のタグを付けています。ただし同ビルダーの製作物の一覧を見るに、このカスタムバイクが作られたのはあまり最近ではない様子。もしかしたらすでに売り切れている可能性もあるのですが、もし気になるようでしたらコンタクトを取ってみると良いのでは。

文/塚本直樹

関連サイト
『DR650』カスタムバイクの情報ページ(英語)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ホンダ CB400SF 新型発売...最高出力56psへアップ、新排ガス規制にも対応
会社員なら知っておくべき高額療養費制度と限度額
三菱自、アウトランダーPHEV を活用した電力系統安定化サービスをオランダで開始
電子決済の利用拡大は年間で最大4700億米ドルの純便益を生み出す——Visa予測
ヤマハが農業を変える? ドローン参入、無人ヘリ30年のノウハウ活かし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加