スマホじゃなくてちゃんとしたカメラが役立つ4つの場面

スマホじゃなくてちゃんとしたカメラが役立つ4つの場面

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2017/11/12
No image

基本的にはスマホで十分だと思っていたけれど...。

みなさんは普段、どんな場面でどんな写真を撮りますか。スマホによって私たちの写真の撮り方や日常の思い出の残し方が大きく変化したことは、改めて指摘するまでもありません。ただ一方で、そんな時代にもなおデジタルカメラは消えることなく、むしろ使っている人を見かけたら「おぉ!」と思えるような独特な存在感がありますよね。

手軽にきれいな写真が撮れるスマホと、奥深いデジカメ写真の世界。スマホとは別にカメラを所有すべきなのは、もちろんプロの写真家だけじゃありません。

では、一体どんなときに役に立つのでしょうか。米GizmodoのDavid Nield記者による、カメラがスマホを上回る4つのシチュエーションを紹介します。

ズームで撮影するとき

No image

Image: Adam Clark Estes/Gizmodo

最近のスマホは、かなりスリムなのが特徴。もちろん、望遠レンズはついていません。

ただ最新のiPhoneシリーズGalaxy note8では、2倍の光学ズームが可能になりました。これにより遠方の被写体を2倍拡大して撮影できます。...これだけでも十分に思えますが、デジカメであれば1番安いオートフォーカスカメラでも最大10倍ズームが可能です。

たとえば子どもの習い事の発表会、学校の運動会、人気テーマパークのパレード、近づいたら逃げてしまいそうな道端の猫などなど...倍ズームして写真におさめたい場面に適しています。

暗闇で撮影するとき

最新のハイエンドのスマホカメラは、暗闇での撮影がずいぶん改善しました。それでもやはり、デジカメ内蔵のセンサーには及ばびません。センサーは大きいほどよく光を取り込めます。これにより、たとえ真っ暗な状況でも写真を残せるのです。

高性能な一眼レフやコンパクトカメラのフラッシュの均等さや深度に比べると、現在のスマホのフラッシュシステムには今のところ勝てなさそうです。

動く被写体を撮影するとき

No image

image: Sam Rutherford/Gizmodo

動く被写体を撮るのは、素早いシャッタースピードとオートフォーカスが重要な場面です。たとえばiPhone 6ではフォーカスが一段と早くなる技術「Focus Pixels」が導入されるなど、スマホのカメラと一眼レフとの差は狭まりつつあります。

それでもトップエンドなスマホのカメラは特定の場面(明かりの十分な場所での撮影など)に適しているものが多く、どんな場面にも適応する柔軟性や写真の仕上がりでいえば、やはりちゃんとしたカメラのほうがより良いことが指摘できます。

iPhone 8などのスマホは、一眼レフと同等のシャッタースピードも可能で、まばたきほどの時間で光を取り込み、素早く動く被写体を捉えることもできます。ただ、それも明るい場所でないと仕上がりはさほど良くならないのが難点で、さらにiPhone 8以下のスマホで撮影するならばもっとイマイチな出来に。

クリエイティブな写真を撮りたい人(たとえば捉えた被写体にフォーカスして背後の光が印象的な写真とか)には、柔軟性ある一眼レフが向いています。そのほか子どもの運動会、動き回る動物、揺れる車内から撮影する写真など、多くの場面で(使い方をよく知っていれば)一眼レフが役に立つでしょう。

もっと、カメラ制御したいとき

No image

Image: Evan Wise/Unsplash

ISO感度やホワイトバランスなど細やかな設定も、スマホのアプリを使えば十分すてきな写真が撮れるよう設定できます。それでも、やはりハイエンドカメラのほうが、かなり、かなり、かなり柔軟性があります。それは、単にレンズを変えられるからだけではありません。

ほとんどのスマホではアパーチュア(レンズの口径)を変えることができず、レンズにどれほどの光を入射させるか調整できません。iPhone 7 Plusにはポートレートモードなどもありますが、それでもちゃんとしたカメラには追いついていません。

一眼レフカメラを使えば被写界深度やその他エフェクトなどで遊ぶことができます。シャッタースピード、アパーチュア、ISO感度すべて一緒にカメラのセンサーに入る光の量を調整することも可能です。スマホでも設定変更やアプリを駆使する選択肢はありますが、ちゃんとしたカメラにはもっと色の微調整、影部分を明るくするなど幅広い選択肢があるのです。

そして一眼レフにはモードや設定を素早くフリックして変更する物理的なノブやダイヤルがあって、スマホでタップしてメニューに戻りアプリを変えているあいだにベストショットを逃すなんてこともありませんな。

Top image by Mario Aguilar/Gizmodo
David Nield- Gizmodo US[原文

(Rina Fukazu)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新橋駅前のツクモデジタル.ライフ館が年内で閉店
企業のAI活用における最大の課題は、勘と経験で商売をしてきた経営者?
ZOZOTOWN、着て採寸する「ZOZOSUIT」を無料配布 伸縮センサー内蔵のボディスーツ
ASUSから1万7064円の廉価版Z370マザーが発売
720度に音が拡がるスピーカーって何?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加