iPhone Xの凹部分を消すアプリ「Notch Remover」を使ってみた

iPhone Xの凹部分を消すアプリ「Notch Remover」を使ってみた

  • GIGAZINE
  • 更新日:2017/11/14
No image

iPhone X」の大きくなったディスプレイ上部には特徴的な凹型の出っ張りがあり、Androidに凹部分を追加するアプリ凹部分に対してデベロッパーがクリエイティブなアイデアをみせたりと、たびたび話題を呼んでいます。そんな凹部分を削除してディスプレイ上部に表示される時計やアンテナアイコンをより見やすくしてくれるアプリ「Notch Remover」が登場しているので、実際に使ってみました。

Notch Remover on the App Store

https://itunes.apple.com/us/app/notch-remover/id1277467873

「Notch Remover」は120円で購入可能

No image

アプリを購入してインストールが完了したら、「開く」をタップ

No image

これがNotch Removerの起動画面。iPhone Xで設定しているホーム画面の壁紙が、凹部分の左右両端が真っ黒に塗りつぶされた状態で表示され、画面下部には「Select Image」と「Save」と書かれたボタンが配置されています。アプリを起動した際、iPhone Xにあらかじめ保存されている「Live壁紙」をホーム画面に設定していたため、「Save」をタップしても凹部分の左右を黒く塗りつぶした壁紙を保存することはできませんでした。そんなわけで、「Select Image」をタップ。

No image

すると端末内の写真へアクセスします。初回使用時は以下のような確認画面が表示されるので「OK」をタップ。

No image

端末内から壁紙にしたい画像を選択して「Save」をタップ。

No image

すると凹部分の左右を黒く塗りつぶした壁紙が保存されます。

No image

実際に保存した画像がコレ。画像の上部が黒く塗りつぶされています。

No image

壁紙を保存したら、「設定」の「壁紙」をタップ。

No image

「壁紙を選択」をタップ

No image

「すべての写真」をタップ

No image

そして保存した画像を選択して、壁紙に設定します。

No image

この画面では拡大縮小などが可能。

No image

うまい具合に凹部分と黒塗り部分が重なるように画像を動かして、「設定」をタップ。

No image

今回は「ホーム画面に設定」を選択。

No image

すると、ホーム画面はこんな感じになります。

No image

スクリーンショットではなく写真でみるとこんな感じ。自然に凹部分の存在感を消してくれます。

No image

普通の写真をそのまま壁紙にするとこんな風に、画面上部のアイコンなどが見づらくなることがあるのですが……

No image

Notch Removerを使えば視認性を損なうことなくお気に入りの壁紙を使えるわけです。

No image

ちょっと画像が加工できれば簡単に同じような壁紙を作ることができますが、iPhone Xのスペシャルなカメラで撮った写真をそのまま壁紙にする際などに活躍しそうです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

アプリカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
一般投票スタート! 『ガジェット通信 ネット流行語大賞2017 #アベプラ といっしょ』ノミネートワードが決定
iPhone Xで使える・役に立つ「ARアプリ」を手に入れる方法
LINEキャラクタースタンプを簡単に使うコツ
覚えておきたいGoogle Mapsの秘技
手書きメモを即デジタル化できるワコム「Bamboo Folio」の実用性は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加