眉間にしわママ必見!今日からすぐできる「血流&免疫力UP法」って?

眉間にしわママ必見!今日からすぐできる「血流&免疫力UP法」って?

  • It Mama
  • 更新日:2016/10/19
No image

source:http://www.shutterstock.com/

「育児をしているのは心から幸せ」「いつも笑顔で子どもと接している」という神がかったママは、どれくらいいるものでしょうか?

もちろん理想はそんな穏やかなママなんですけれど。

現実は、育児に追われていつの間にか眉間にシワを寄せることが増え、いっぱいいっぱいになり、時には悲観的な気持ちになってしまいがち。

でも実は「笑う」という行為がママにも子どもにも健康促進効果があるそうなんです!

お笑い芸人の方々は確かにいつも元気で全てのことを笑いに変えて楽しんでいますよね。

「最後にお腹を抱えて笑ったのはいつかしら?」というママ、必見ですよ。

No image

Yuno

ヨガ・アーユルヴェーダ・おむつなし育児アドバイザーの分野で活動。自身のスタジオWindhillを2015年港区白金台に設立し子連れのママヨガやマタニティヨガは大きな反響を集めています。また2015年に第一子を出産。自然な生活・自然な育児をモットーに、妊婦さんや産後のママのサポートに励んでおります。定期的に親子写真・マタニティフォトの撮影会を開催。最近ではカジュアルにオシャレなウエディングができる“古民家ウエディング”の企画を立ち上げました。1泊2日の滞在型で家族の絆を深める場を提供します。

子どもに悪い影響と分かっていても「も~!」「ダメ~!」の嵐

できれば、いつも心にゆとりがあり、笑顔で子供と接したいものです。

筆者も妊娠中は、子どもが物心つくまでは絶対に怒らないし、常に笑顔でいようと、心に誓いました。

ですが、出産をし育児が始まって、それが理想中の理想だということに気付きました……

そして現実はと言うと、いつも「も~!」「ダメ~!」という言葉の嵐。

子どもに悪い影響があるよねと思っていながらも、実家が遠くて夫以外に誰にも頼ることができない環境にいるママは絶対にこうなっちゃいますよね。

そして久々にふと鏡を見れば、眉間にシワの入った、以前よりも5歳は老けたであろう自分の顔が映る……。

こんな顔で子供に接していたのかと思うと罪悪感も感じますが、だからと言って常に穏やかに笑顔でいるなんて神業は、そうそう習得できそうにもありません。

つくり笑いでもO.K!子どももママも大笑いで免疫力UP!

No image

source:http://www.shutterstock.com/

大きな口をあけていっぱい笑う行為が、免疫力を向上させるためにとても効果があることをご存じでしょうか?

大笑いをしていると、自然とお腹が引っ込むのは、知らないうちにお腹から深呼吸をしているからです。

笑うと顔の筋肉が動いて熱が生じ、血流が活性化します。

癌患者さんに行った実験でもリンパ球の細胞の中のひとつであるNK細胞の活性が高まって盛んに働くことや、リウマチ患者さんの実験でも痛みが和らいだり、免疫力が高まることが報告されているそうです。

最初は声を出して大口を開けて笑うことに抵抗があるかもしれませんが、なんと作り笑いでも効果はあるそうですよ。

100%心にゆとりがあり、自然な笑顔が出ることは夢の話ですが、毎日1回どこかで時間を作って子どもとの遊びの中で笑いを意識することはできそうですよね。

子どもの免疫力を向上させ、強い身体をつくるためにも、ママの健康維持のためにも、ぜひ試してみてくださいね。

いかがでしたか?

笑うことって当たり前のようで、育児に必死になっているとついつい忘れがち。そんなママこそ、意識的に「アッハッハッハー」と自分を忘れて大声で笑ってみませんか?

子どもの免疫力UPにも良いし、笑うという遊びを通して親子関係も良くなりそうですね。

【画像】

※ Serhiy Kobyakov、Alena Ozerova / Shutterstock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
週に4回はしたほうがいい...!? 「エッチのすごいメリット」4つ
流行語「保育園落ちた日本死ね」に、つるの剛士が正論!賛同の声が数多く寄せられる
ガッキーは体重47キロ?『逃げ恥』テロップに女子戦慄
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
退職を考えるきっかけ、1位は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加