羽生結弦4回転ループ跳んだ!SPへけがの不安一蹴

羽生結弦4回転ループ跳んだ!SPへけがの不安一蹴

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/15
No image

ジャンプして着氷する羽生結弦(撮影・山崎安昭)

フィギュアスケート男子で66年ぶりの2連覇を目指す羽生結弦(23=ANA)が15日、本番会場の江陵アイスアリーナで16日のショートプログラム(SP)に向けた最終調整を行った。

40分間の練習では、現地入り初となる4回転ループを成功。10本の4回転ジャンプ中、8本成功と絶好調だった。フリー「SEIMEI」の曲にあわせ滑った後に、SPのステップなどを確認。同僚のハビエル・フェルナンデス(スペイン)とハイタッチし、笑顔で練習を終えた。

練習後に取材に応じた羽生は調子の良さからか、終始ご機嫌だった。昨年11月に痛めた右足首に関しては、「全然問題ない。考えもしていない」と不安を一蹴。フリーで4回転ループをやる可能性があるか、との問いにも「はい! 」と力強く答えた。

SPの滑走順が最終組の1番滑走と決まったことも背中を後押しする。「何よりも大好きな1番滑走なので、楽しみながら。このプログラム(SPのバラード第1番)も3年目。大好きな曲で滑ることができるので、その楽しさとか、勝ちたいという気持ちも含めて全部出したい」と、全力の演技を誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アイスダンスで仏代表の衣装はだける、選手は「悪夢」と涙 平昌五輪
韓国脱げずにフランス脱げた「最悪の悪夢が起きた」
15歳ザキトワが金!宮原4位 坂本6位 日本女子2大会ぶりメダルならず
「ベタベタしすぎ」宇野昌磨の樋口コーチに心ないバッシングが相次ぐ理由
中川翔子、羽生結弦の“ファンアート”が話題「喉仏まで美しく再現...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加