U-21日本代表が第2戦に向けて調整、森保監督と選手が積極的に交流

U-21日本代表が第2戦に向けて調整、森保監督と選手が積極的に交流

  • サッカーキング
  • 更新日:2018/01/11
No image

初戦から一夜明け、トレーニングを行ったU-21日本代表

AFC U-23選手権に出場中のU-21日本代表が中国・江陰市内でトレーニングを実施した。

初戦のパレスチナ戦から一夜明けた11日、和やかな雰囲気の中で練習がスタート。先発した選手は軽いランニングを中心にリカバリーを行い、MF三好康児(川崎フロンターレ→北海道コンサドーレ札幌)とFW小松蓮(産業能率大学)は別メニューで調整した。

そのほかの選手は、5対5のミニゲームやシュート練習で1時間半ほど汗を流した。練習後は、パレスチナ戦でボランチを組んだMF神谷優太(愛媛FC)と井上潮音(東京ヴェルディ)が森保一監督と話し込む場面も。その後は岩崎悠人(京都サンガF.C.)とマンツーマンで話すなど、森保監督と選手たちが積極的にコミュニケーションを図る姿勢が見られた。

第2戦は、12月のM-150杯で黒星を喫したタイが相手。今大会でキャプテンマークを巻く神谷は、「この前の遠征でやられて悔しい気持ちでいっぱいだった。勝ちたいという気持ちもあるし、ここで2連勝してグループステージを突破したい」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
屈辱の0-4でベスト8敗退...U-21代表MF三好康児「危機感を持たないといけない結果」
[日本高校選抜選考合宿]青森山田MF檀崎竜孔(2年)「今年は山田の顔として、高体連の代表格に」
[日本高校選抜選考合宿]京都橘MF梅津凌岳(3年)「チームで結果を残せなかった分、高校選抜で結果を残したい」
U―21日本代表、ウズベクに大敗4失点 4強進出ならず
「不甲斐ないし、情けない」...大敗に悔しさ滲ませるU-21代表DF古賀太陽
  • このエントリーをはてなブックマークに追加