【天皇賞】サトノクラウン、ネオリアリズム 堀勢2騎は順調 森助手も好感触

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/13

「天皇賞(秋)・G1」(29日、東京)

宝塚記念馬サトノクラウンとQE2世C・香港G1を制したネオリアリズムが美浦Wで12日、併せ馬を行った。

ネオが2馬身先行する形から直線で馬体を並べてのフィニッシュ。前者は5F67秒7-38秒2-13秒2をマークし、森助手は「まだ重い感じはしますが、普段の休み明けより状態は良さそう」と好感触。後者は5F67秒3-38秒2-13秒2の時計に「蹄に痛みが出たため札幌記念を直前で回避しましたがその後は問題なく順調に来ています」とうなずいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
2048年からやってきた「タイムトラベラー」が逮捕
今週末ふたたび台風襲来か?米軍の予測がショック!
怖すぎる!イギリスで発見された不気味過ぎる「謎の物体」が話題に!
【感動映像】耳の不自由な赤ちゃんが「お母さんの声」を初めて聞いたときの繊細な表情に多くの人が涙 / 再生回数は計550万回以上に
「超くっきーランド」人気爆発、3日間で1万人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加