巨人菅野1失点で5敗も「引き締まった試合できた」

巨人菅野1失点で5敗も「引き締まった試合できた」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15
No image

力投する巨人先発の菅野(撮影・浅見桂子)

<広島1-0巨人>◇12日◇マツダスタジアム

自身最多タイの13勝目をかけて先発した巨人菅野智之投手(27)が、7回4安打1失点で5敗目(12勝)を喫した。

2回、先頭の広島西川に内角高めの144キロ直球を右翼席へ運ばれた。以降は追加点を許さず、7回まで投げ続けたが、打線の援護に恵まれなかった。

「左バッターに対してはインサイドでうまくファウルを打たせることができました。ただ、ホームランはうまく打たれました。負けはしましたが、完封がだめなら最少失点でと、引き締まった試合をつくることはできたと思います」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
シーズン100安打達成回数から見る好打者の系譜...現役最多、歴代最多は?
三本松 二松学舎大付を下し初の8強 エース佐藤が2失点完投
彦根東と東筑の甲子園。公立進学校はどんな「野球と勉強」をしたのか
ホークス絶対的守護神サファテは50S達成なるか、NPB記録更新はほぼ確実
  • このエントリーをはてなブックマークに追加