ハリル監督、GK合宿「大きな成功で終わった」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/19
No image

日程を終えたバヒド・ハリルホジッチ監督(右)はクールダウンする、黄色ジャージ左から鳥栖GK林、柏GK中村、鹿島GK櫛引らと握手する(撮影・宮崎幸一)

日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)が19日、堺市内で3日間に渡って行われたGK限定合宿を打ち上げた。

最終日となったこの日は、前日18日の練習中に左足首を負傷した米国系ハーフで初招集のシュミット・ダニエル(24=松本)が、練習参加を回避。グラウンド横のベンチに座って見学した。

既に前日18日で浦和西川とG大阪東口が所属クラブに戻っており、練習に参加したのは林と中村、櫛引の3選手だけとなった。

攻撃陣を付けた実戦的なメニューに、FKやPKの守り方を含めて1時間半の充実した内容となった。

シュミットが負傷をするアクシデントはあったものの、ハリルホジッチ監督は「大きな成功で終わった。日本の指導者にもたくさん見に来てもらって、メッセージが伝わったと思う。短い時間だったが、現代フットボールでGKには何が必要かは見せることができた。GKは最も繊細で、最も重要なポジション。(サッカーで)1番大事な役割はGKだ」と総括。選手には円陣で、欧州チャンピオンズリーグで好セーブを見せたユベントスGKブフォンが、いかに素晴らしいGKかを力説した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なでしこが静学に屈辱12失点、高倉監督目潤ませ...
[選手権予選]全国総体の雪辱果たせず...、流経大柏は超高校級の千葉頂上決戦で敗れる(24枚)
鹿島の石井監督「本当に難しいな」と開幕戦勝利を振り返る
丸高、サッカー柿谷と結婚!ペアルックで報告
なでしこ鮫島「チンチンでした」大敗振り返る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加