飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

  • MYLOHAS
  • 更新日:2019/11/16

風邪やインフルエンザが猛威をふるうこれからの季節。今年こそ「正しいケア」で撃退しましょう。絶対に風邪をひきたくない人へ、風邪対策の新常識を毎日ひとつずつお届けします。

No image

不特定多数の人がいて、乾燥していて気密性の高い場所は、風邪がうつる可能性が極めて高い場所。最もあてはまるのが「飛行機」です。

実際に、2時間半の飛行機旅行をした1100人を調査した研究では、20%が風邪をひいたという結果が示されました。

つばやしぶきは1~2メートル前方まで飛散します。口を抑えずに咳やくしゃみをするとウイルスは2~4メートルほど飛ぶといわれています。

飛行機や新幹線はできれば人が少ないエリアの「最後列」を選びましょう。理論上、ウイルスが飛んでくる確率が最も低い場所だからです。

明日は「風邪をひきにくいホテルでの過ごし方」をご紹介します

30日間の「風邪・インフルエンザ対策」をもっとみる

一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33

1,512円

購入する

疲れをためない

疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

お風呂の入り方、変えてみない? 風邪・インフルエンザ対策の3習慣

一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33』(ダイヤモンド社)
絶対に風邪をひけない医者が実践する33の対策をまとめた一冊。現役の内科医、救急救命医、薬剤師などの知見と、医療統計データ、150近くの最新の研究論文や文献を総動員し、「風邪をひかないための予防策」と「できる限り早く風邪を治す方法」を紹介しています。「近寄ってはいけないチェックリスト」から「治し方のウソ」、「対処すべきタイミングや実践方法」など、これ1冊を読めば、今年は風邪知らずになれそうです。

裴 英洙(はい えいしゅ)さん
医師・医学博士、MBA。ハイズ株式会社代表取締役。1972年奈良県生まれ。金沢大学医学部卒業、金沢大学大学院医学研究科修了。金沢大学医学部卒業後、金沢大学第一外科(現・先進総合外科)に入局。その後、金沢大学大学院に入学し、外科病理学を専攻し医学博士を取得。さらに、病理専門医を取得し、市中病院にて病理医として病気の最終診断にかかわり、年間10000件以上の重大疾病の診断をこなす。また、医師として働きつつ慶應義塾大学大学院経営管理研究科(慶應ビジネス・スクール)にて医療政策・病院経営の第一人者の田中滋教授に師事。同ビジネス・スクールを首席で修了。ビジネス・スクール在学中に医療機関再生コンサルティング会社を設立。多数の医療機関の経営支援、ヘルスケア企業の医学アドバイザー業務などに従事。現在も医師として臨床業務をこなしつつ、臨床の最前線からのニーズを医療機関経営に活かすハンズオン型支援を行なう。著書に『なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか』『一流の睡眠』(ともにダイヤモンド社)などがある。

image via Shutterstock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「本当は恐ろしい」高血圧を防ぐ生活習慣4つ
エアコンで暖房を入れても暖かくならないのはなぜ?答えは○○○にあった!
同じ食品なのにイギリスとアメリカでこんなに違う!7つの食品成分表比較
『ブラタモリ』姫路城で可愛すぎるゲストと遭遇 その行動にタモリ感激
価格別「自分へのご褒美」はこれが欲しい!ライフハッカー[日本版]編集部の物欲まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加