「通れたマップ」で歩行者の移動を支援...プローブ情報を活用、実証実験の協力者を公募

「通れたマップ」で歩行者の移動を支援...プローブ情報を活用、実証実験の協力者を公募

  • レスポンス
  • 更新日:2017/08/10
No image

プローブ情報の収集・活用に関するイメージ

国土交通省は、プローブ情報を活用した「通れたマップ」実証実験への協力主体を公募する。

国土交通省では、ユニバーサル社会の構築に向けて、車いすの人が通行できるバリアフリールートについてスマートフォンを通じてナビゲーションするなど、ICTを活用した歩行者移動支援サービスの普及展開を目指し、バリアフリー・ナビプロジェクトを推進している。

これらサービスの実現に必要なデータを収集する手法の一つとして、プローブ情報を地図上に可視化した「通れたマップ」の作成について実証実験を行う。今回、必要となるデータ収集ツール(アプリケーション)を利用させてもらえる協力主体を公募する。

協力主体から利用させてもらうデータ収集ツールを活用した実証実験によりデータを収集・分析し、プローブ情報の活用可能性について検証する。

公募期間は8月25日まで。9月上旬に協力主体を選定し、9~12月に実証実験を実施する予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
リチウムイオン電池よりも高性能で安価な「空気亜鉛電池」の充放電劣化を抑える触媒をありふれた金属で生成することに成功
丸型カラーディスプレイに本物の針を取り付けたハイブリッドスマートウォッチ「ZeTime」
韓国サムスン、次期モデルのスマホにも中国製ではなく日本製バッテリーを採用=韓国ネット「日本製の方が信頼できる」「日本での売り上げもアップ?」
素直に喜べない4K、8Kテレビの高精細化時代
Windows10アップデート後 画面中央に「あ」「A」が出てくるんだけど!なにこれ

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加