アウディ A6 と A7、米国でリコール...燃料漏れのおそれ

アウディ A6 と A7、米国でリコール...燃料漏れのおそれ

  • レスポンス
  • 更新日:2016/10/18
No image

ドイツの高級車メーカー、アウディのミドルクラス車、『A6』と『A7スポーツバック』。両車が米国市場において、リコール(回収・無償修理)を行う。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。アウディの属するフォルクスワーゲングループの米国法人から、アウディA6とA7スポーツバックに関するリコールの届け出を受けた、と公表している。

今回のリコールは、燃料系統の不具合が原因。NHTSAによると、A6とA7スポーツバックのエンジンルーム内の燃料ホースが分解し、燃料漏れを起こすおそれがあるという。

リコールの対象となるのは、2012-2013年モデルの一部。米国で販売された2万8249台が、リコールに該当する。

アウディは、対象車を保有する顧客に通知。販売店において、燃料ホースと燃料ポンプを交換するリコール作業を実施する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
配偶者控除見直しで夫年収500万のパート世帯は5・2万円減税!?
町田市(の一部)、本当に神奈川県になる...ネタでもデマでもなく、本当の話です
財力がある「全国自治体ランキング」トップ10 浦安、軽井沢......
ユニクロに1年潜入取材してみた!
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
  • このエントリーをはてなブックマークに追加